ニュース
» 2013年05月14日 13時54分 UPDATE

Samsung、“5G”のモバイル通信技術で1Gbpsのデータ転送に成功

Samsungが、4Gの数百倍の速度でモバイルデータを送受信できる新技術の実験で、最長2キロの1Gbpsでの転送に成功したと発表した。

[ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは5月13日、セルラー方式通信向けKa帯のミリ波を使い、世界初のアダプティブアレイアンテナでの無線転送技術の開発に成功したと発表した。この新技術は第5世代(5G)のモバイルコミュニケーションシステムによるもので、現行4G(LTE)ネットワークの数百倍の速度でのデータ転送が可能だという。

 送受信実験では64本のアンテナを設置することで、最長2キロの1Gbpsでの転送に成功したという。同社はこの技術を2020年までに商用化する計画だ。

 同社によると、この技術が実用化されれば、高精細のデジタル映画を事実上無制限に送受信できるようになるという。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう