ニュース
» 2013年05月20日 11時00分 UPDATE

4G LTE対応:機能はもちろん、上質さと使いやすさ、そしてスタミナ重視の“大人”たちへ――「URBANO L01」

大人向けブランド“URBANO”のスマートフォン第2弾は、金属パーツを使って上質さをアップ。ケータイを意識した使い勝手と充実の通話機能、そして大容量バッテリーと進化した省エネ機能も備えた。

[平賀洋一,ITmedia]

 京セラ製の「URBANO L01」は、auの大人向けブランド“URBANO”の第2弾スマートフォン。前モデルの「URBANO PROGRESSO」から、手になじむラウンドフォルムボディと高級感ある仕上げのカラーリングを継承しつつ、ホーム/メニュー/戻るのハードウェアキーに金属パーツを用いてデザインの上質さを高めた。カラーバリエーションはグリーン、ホワイト、ブルー、ブラックの4色を用意する。

photophoto 「URBANO L01」。カラーはグリーン、ホワイト、ブルー、ブラックの4色

 約4.7インチのHD(720×1280ピクセル)液晶ディスプレイには、パネル全体が振動して通話音声を耳に伝える「スマートソニックレシーバー」を採用。レシーバーの位置を気にせず、騒がしい場所でも快適に通話が行える。ユーザーに合わせて通話音質を調整する機能や、相手の声をゆっくり再生して聞き取りやすくする機能、ノイズキャンセル機能なども搭載した。

 ボディは防水(IPX5/8)・防塵(IP5X)仕様。OSにはAndroid 4.2を、プロセッサーには1.5GHzデュアルコアのMSM8960を採用した。有効約1300万画素CMOSのメインカメラは、従来モデルからオートフォーカスとシャッタースピードを高速化。さらに一眼レフのように背景をぼかす機能や、夜景を撮影する際に自動でノイズリダクションをかけるなど、多彩な撮影機能を備える。そのほか、ワンセグやおサイフケータイ(FeliCa/NFC)、赤外線通信などに対応する。

 バッテリーに2700mAhと大容量のものを採用したほか、バージョンアップした「省電力ナビ」によりバッテリー持ちを向上させた。さらに、優先度が低いアプリのバックグラウンド通信を制御したり、電車や車での移動時に無線LANを自動でオフにしたりできるなど、省エネ性を意識した機能を盛り込んでいる。加えて、付属のACアダプターと卓上ホルダを組み合わせれば、30分で満充電の50%まで充電できる急速充電が利用できる。

 初めてスマートフォンを利用するユーザーを意識して、フィーチャーフォンのような使い勝手のホーム画面「エントリーホーム」も用意した。アドレス帳や通話アプリにも、ケータイを意識したデザインが使われている。京セラ独自の「すぐ文字」や「すぐごえ」、シンプルメニューなども引き続き搭載する。行動ログから歩数や消費カロリーを計測するデイリーステップは、気圧センサーを追加して精度を高めたほか、タニタの健康管理アプリ「Health Planet」との連携機能も備え、体重計などの健康機器とのデータ連携も可能になった。

「URBANO L01」の主な仕様
機種名 URBANO L01
OS Android 4.2
プロセッサー MSM8960(1.5GHzデュアルコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約65×134×10.8ミリ(最厚部 11.3ミリ)
重さ 約140グラム
連続通話時間 1210分
連続待受時間 LTE:約510時間、3G:約620時間
バッテリー容量 2700mAh
メインカメラ 有効約1300万画素CMOS
インカメラ 有効約97万画素CMOS
メモリ ROM:16Gバイト、RAM:2Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)
ディスプレイ 約4.7インチHD(720×1280ピクセル)TFT液晶 最大1677万色表示
ボディカラー グリーン、ホワイト、ブルー、ブラック
主なサービス・機能 4G LTE(下り75Mbps/上り25Mbps)、WIN HIGH SPEED(下り9.2Mbps/上り5.5Mbps)、GLOBAL PASSPORT(CDMA/GSM/GPRS/UMTS)、防水/防塵/耐衝撃、無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)、Wi-Fiテザリング(10台)、GPS、Bluetooth(4.0)、FeliCa、NFC、赤外線通信、ワンセグ、MHL、DLNA/DTCP-IP、Eメール(〜@ezweb.ne.jp)、SMS(Cメール)、緊急速報メール、災害用伝言板、災害時音声お届けサービス、卓上ホルダ(急速充電対応) ほか
発売日 6月下旬以降

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.