ニュース
» 2013年06月10日 09時04分 UPDATE

ループ動画ツールのVine、Topsy分析でInstagram超え

Twitter公認のツイート分析ツールTopsyでInstagramとVineを比較したところ、Android版Vine公開後、VineがInstagramを超えたことが明らかになった。

[ITmedia]

 米Twitterが1月にiOS向けに公開したループ動画投稿アプリのVineが普及しつつあるようだ。Twitter公認のソーシャル分析ツール「Topsy」で、過去1カ月のVineとInstagramのTwitter上でのメンション数(リンクやリツイート数などからスパムを除いたTopsy独自の方法で割り出した数字)を比較したところ、6月8日にVineがInstagramを抜いたことが分かった。米New York Timesのコラムニスト、ニック・ビルトン氏がツイートで指摘した。

 topsy

 Topsyのソーシャル分析では、Twitterのパブリックデータ上の、3つまでのハッシュタグやユーザーネームへのメンション数の推移を比較できる。メンション数=そのツールを利用した投稿数ではないが、普及の目安になるといえる。

 Vineは、端末で撮影した最長6秒の動画をループ状にしてアップロードし、VineのコミュニティーやTwitter、Facebookなどで共有するTwitterの公式アプリ。個人の他、ニュースメディアなどがコンテンツの紹介に利用している。

 6月3日のAndroid版公開以降、Vineへのメンションが急激に伸び、7日にほぼ同数になった後、8日にはVineへのメンションが約264万件に、Instagramへのメンションが約226万件になり、9日にはさらに差が開いた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.