ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「動画投稿」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「動画投稿」に関する情報が集まったページです。

バンダイナムコアーツがプロ向けに音源無料提供サービスを開始 アニメやドラマのBGMなど1万3000曲以上
将来的には、動画投稿サービスでも使えるようになるかもしれません。(2021/1/20)

へとへとで帰宅しても、音楽かかってるとつい回っちゃうおじさんの動画が話題に バレエ歴17年の思いを聞いた
動画を投稿したとある医学生さんに、バレエへの思いを聞きました。(2021/1/20)

YouTubeとTwitchもトランプ大統領の公式チャンネルを停止
Twitter、Facebook、Instagramに続き、Google傘下のYouTubeとAmazon.com傘下のTwitchもトランプ大統領の公式チャンネルを停止した。6日の議事堂への支持者乱入を容認する動画投稿を受け、Twitchは「さらなる暴力を扇動するために使用されるのを防ぐため」としている。(2021/1/8)

ツイッターとFB、トランプ氏「不正選挙」動画を削除、凍結も
 【ワシントン=黒瀬悦成】米短文投稿サイトのツイッターは6日、トランプ大統領が支持勢力による連邦議会議事堂の占拠に関する動画投稿で、大統領選は「不正選挙だった」などと事実と異なる主張を展開したとして、問題の投稿を削除したと発表した。(2021/1/7)

アダルト動画サイトPornhub、未認証ユーザーの投稿動画をすべて公開停止 児童虐待動画などが投稿されていると報道を受けて
認証していない投稿者のアカウントを停止したと発表。(2020/12/15)

Reddit、TikTok似のDubsmashを買収 短動画投稿機能追加へ
Redditが、TikTokのように短い動画(6秒)を共有する人気アプリDubsmashを買収した。Dubsmashは存続し、動画投稿機能がRedditにも統合される見込みだ。(2020/12/14)

野口飛行士、宇宙から“自撮りYouTube”投稿中 「リアル宇宙生活」が面白い
ISSに滞在している宇宙飛行士の野口聡一さんが、個人のYouTubeチャンネルで、ISS内の“リアルライフ”を自撮りで伝える短い動画を投稿している。なぜか再生数が少ないが、見た人からは「面白い」と評判だ。(2020/12/4)

Snap、TikTok似の「Spotlight」発表 人気作品は100万ドル以上獲得のチャンス
Snapが、SnapchatにTikTokのようなエンタメ目的の60秒動画を投稿する新機能「Spotlight」を一部の国で追加した。年末までの毎日、その日のトップ作品に100万ドル(約1億円)以上の賞金を与える。(2020/11/24)

「桃太郎電鉄」新作、コナミとしては異例の「動画投稿し放題」 ゲーム実況に関するガイドラインを公開
「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」は11月19日発売です。(2020/11/18)

「ハリポタ」マルフォイ俳優が愛犬の動画を投稿→ハリポタファン歓喜の理由とは……? 「最後のセリフに激萌え」の声
ファンにはたまりません。(2020/11/15)

「ノベルゲームは実況控えて」 「CLANNAD」移植版の販売元が呼び掛け 営業上の損失に
ノベルゲームの移植や販売を手掛けるプロトタイプが、同社の製品を使ったゲーム実況動画の配信を控えるよう呼び掛けた。動画共有サイトなどで該当する動画の投稿が急増し、対応に要する時間が増えているという。(2020/10/7)

また趣味が増えてる! 松田翔太、小型二級船舶免許を取得 船を操縦する横顔の動画投稿で妻・秋元梢も反応
多趣味だなぁ。(2020/10/6)

道端アンジェリカが第2子出産 離婚決意直後に妊娠発覚、シングルでの出産決断に「正しかった」
生まれたばかりの赤ちゃんの写真と動画を投稿しています。(2020/10/5)

YouTube、TikTok風のショート動画投稿機能「YouTube Shorts」発表
(2020/9/16)

米中摩擦で「TikTok」に利用禁止の動き、日本での事業は継続されるのか?
日本でも大人気の動画投稿サービス「TikTok」が、世界各国でサービス停止の危機にある。その背景には米中摩擦をはじめとした、中国と各国との対立激化が大きく影響している。日本のTikTokのサービスにどこまで影響が及ぶのだろうか。(2020/8/31)

ベイルートで大きな爆発 SNSに動画投稿相次ぐ
推定2750トンの硝酸アンモニウムが倉庫に6年間放置されていたのが原因と見られています。(2020/8/5)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
インドのTikTok禁止と表現の自由
インド政府が、動画投稿アプリTikTokをはじめ59種類の中国製スマートフォンアプリの利用を禁じた。インド政府の命令に従い、AppleとGoogleはスマートフォン向けアプリストアから問題とされたアプリを取り下げた。TikTokもサービス提供を中止した。この事件は、単なる2国間の対立というだけでは収まらない問題を含んでいる。インターネット上の人権――表現の自由――という新しい概念と、国家の利害とが衝突しているのだ。(2020/7/15)

新作“実写”ゲーム「デスカムトゥルー」、プレイ動画の投稿と生放送を全編禁止に ネタバレ防止のため異例の対応
全編禁止はかなり珍しい対応。(2020/6/22)

「引用だから大丈夫」「昔話ならOK」――“読み聞かせ動画”のワナ
新型コロナウイルス感染症の流行に伴う休校が長引く中、動画投稿サイトで公開されている読み聞かせ動画に注目が集まっている。子守に役立つ反面、著作権侵害の恐れもある。昔話や引用でも問題になる場合もあり注意が必要だ。(2020/5/7)

ダイヤモンド・プリンセス号乗船の感染症専門家、告発動画を投稿 厚労省の対応「心の底から怖いと思った」
動画はすでに100万回近く再生されています。(2020/2/19)

名優アンソニー・ホプキンスが愛猫と「おはよう」動画を投稿 リプ欄が猫だらけになるすてきな世界
平和だ……。(2020/2/18)

Vine創業者、6秒のループ動画を投稿するアプリ「byte」リリース
2017年に終了したVineの後継アプリが登場。(2020/1/26)

まさかのご本人 アイマスの曲をビリーバンバンに音MADで歌わせる動画登場 → 本人が歌ってみた動画投稿でPたち騒然
なんという美声……。(2020/1/14)

TikTok、中国非難動画を投稿した米少女のアカウント削除はミスだったとし、謝罪して復活
動画共有アプリTikTokが、中国政府を非難する動画を投稿した17歳の少女のアカウントを停止した件につき、「人為的ミスだった」としてアカウントを復活させた。少女は「ミスだとは信じられない」とツイートした。(2019/11/28)

せっかくだから俺は完パケでいくぜ! 「タモリ倶楽部」の空耳コーナー、動画投稿も可能に
テロップや音楽のタイミングを自分で作り込んだ動画を投稿できます。(2019/11/11)

嵐、相葉雅紀がTwitterに顔出し動画を投稿 3時間足らずで20万「いいね」集めさまざまな言語で声援寄せられる
勢いー!(2019/11/7)

Facebook、動画の顔認識を回避する技術を発表
Facebookが、動画内の人物を顔認識で特定できないようにする技術を発表した。動画をAIで加工することで、人の目には自然なまま、顔認識はできないようにする。公開フォーラムなどに安全に動画を投稿できるようにする目的としている。(2019/10/28)

「親が子どもについて無断でSNSに投稿するのは問題」と答えた10代は42%──Microsoft調べ
Microsoftが25カ国で行った調査で、親が自分の知らぬ間に自分の写真や動画を投稿し、そのせいで問題になったと答えた10代が全体の42%に上った。(2019/10/10)

「もう推すしか」「新曲楽しみにしてます」 COWCOW多田、「ヒプマイ」白膠木簓との衣装被りで話題→ネタ動画投稿へ
良い流れ来てる。(2019/9/16)

TikTokがソニー・ミュージックと提携 楽曲を使った動画投稿が可能に
TikTok運営のByteDanceがソニー・ミュージックマーケティングとライセンス契約を結び、8月から同社が配信中の楽曲をTikTokで使えるようになったと発表した。(2019/8/22)

「キズナアイたらしめるもの」とは何か:
「このまま消えてしまうのでは」──VTuberの先駆け「キズナアイ」に起きた「分裂騒動」 “1号”の投稿動画減少、ファンの不安に本人や運営元が説明
キズナアイが4人に分裂したことをきっかけに、ネット上で騒動が起きている。何があったのか。事の始まりから現在までを振り返る。(2019/8/19)

InstagramやFacebookで画像を投稿できない障害発生(対処中)
Facebook、Instagram、WhatsAppで、日本時間の7月3日午後9時ごろから、一部のユーザーが画像や動画を投稿できない状態になっている。Facebookは対処中としている。(2019/7/4)

Twitter、位置情報のタグ付けを「カメラ機能利用時」のみに
Twitterが、ツイートに位置情報をタグ付けできる機能を見直す。Twitterのカメラ機能を使って撮影した写真・動画を投稿する場合のみ、位置情報を追加できるように仕様を変える。(2019/6/21)

「登録者50万いてもいい」「頭の良さの無駄遣い」 “どうでもいいニュース”の動画が急伸、投稿者に話を聞いてみた
京大生であり、YouTubeの動画投稿者であり、キャップ投げの名手でもある。(2019/3/11)

「アバンティーズ」がエイジさんの死去後初めて動画投稿 今後の活動については明言を避ける
「どうか、もう少し僕らに時間をください」(2019/1/29)

「僧衣でも十分動けます」 お坊さんが神業ジャグリング動画投稿する「#僧衣でできるもん」が話題に
【追記】ジャグリングにフットバッグなどお坊さんがスゴ技を次々披露!(2019/1/2)

Alexaスキル開発ツールも動画対応 ディスプレイ付き「Echo Show」発売で
プログラミング不要でスマートスピーカーのスキルを開発できる「NOID」に、動画をアップロードするだけでスキルに組み込める新機能が追加された。(2018/12/14)

「Tumblr」に裸の少女の動画を投稿 25歳地方公務員が児童ポルノ禁止法で逮捕
容疑者は「公然陳列していたわけではない」と供述しています【追記修正しました】。(2018/12/6)

任天堂、プレイ動画の投稿認めるガイドライン公表 非営利ならOK、指定のサイトで収益化も
任天堂がプレイ動画の投稿認める新たなガイドライン公表した。プレイ動画の個人による非営利の投稿や、「YouTubeパートナープログラム」などを使った収益化を認めている。(2018/11/29)

VTuber・アズマ リムのツイートについてCyberVが謝罪 「本人の意向を尊重できていなかった」
アズマ リム本人も動画を投稿。(2018/11/12)

動画投稿サービス「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」始動 クリエイター200人が月500本超を無料公開
ヤフーが動画投稿プラットフォーム「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」を開設。約200人のクリエイターが参加し、月500本以上の動画を投稿する。(2018/10/30)

動画SNS「Tik Tok」の認知度は38.2%、利用率は5.8% MMD調べ
MMD研究所は、動画SNS「Tik Tok」に関する調査を実施。認知度は38.2%、利用率は5.8%となり、利用用途は「動画の投稿・視聴のどちらもしている/していた」が最も多いという結果となった。(2018/8/10)

Instagramが新アプリ「IGTV」発表 最長60分の動画を投稿・視聴できる
(2018/6/21)

2D VTuberの3D化を支援! クラスターとマクアケがプロジェクト発足
募集要項として、「VTuberとして動画投稿、ライブ配信を行っていること」「YouTubeチャンネル登録者数1万人以上」が必要。(2018/5/22)

DeNAのハッカドールがVtuberとしての活動を本格的に開始 他のキャラクター・作品とのタイアップも視野
エイプリルフール企画で動画を投稿していました。(2018/5/17)

「私は差別を受けている」:
YouTube本社の銃撃事件、投稿動画の閲覧制限に憤り犯行か
YouTube本社で起きた銃撃事件で、地元警察は、容疑者の投稿動画がYouTube上で閲覧制限を受けていたことへの憤りが犯行動機だったとの見方を示した。(2018/4/5)

YouTube、銃器に関する動画投稿を禁止
YouTubeがポリシーに「銃器に関するコンテンツのポリシー」というページを追加し、銃器とそのアクセサリーの販売や製造法、使い方に関する動画を禁じた。(2018/3/22)

許可なく「GoPro」で店内撮影:
スシロー、外国人YouTuberの“迷惑動画”に声明文 「法的措置を検討」
あきんどスシローが、外国人YouTuberが無断で店内を撮影し、YouTubeに動画をアップした問題について声明文を発表。「当社が撮影ならびに撮影許可したものではございません」という。現在警察に相談しており、法的措置も辞さないという。(2018/3/15)

自分のスマホが「ジョジョスマホ」になる? Twitterをチェックせよッ!
ジョジョスマホの公式Twitterアカウントで、「JOJO L-02K」の操作動画を投稿。あたかも自分のスマホでジョジョスマホが操作されているような感覚を味わえる。3月下旬の発売が待ち遠しい!(2018/3/13)

YouTube、悪質ユーチューバー対策を強化 広告掲載停止など
Google傘下のYouTubeは「コミュニティ全体を傷つけるような動画を投稿するYouTuber」のチャンネルに対しては広告掲載停止やパートナープログラムからの追放などの厳しい対処をすると発表した。(2018/2/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。