ニュース
» 2013年07月10日 18時23分 UPDATE

3Gモデルも開発中:オーセラス、乾電池1本で動くGSMケータイ「SpareOne」を8月に発売

オーセラスは、乾電池1本で最大10時間駆動するGSM端末「SpareOne」の国内販売を8月に開始すると発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 オーセラスジャパンは7月10日、単三乾電池1本で駆動する海外用携帯電話「SpareOne」の国内販売を発表した。GSM対応のため日本では使えないが、W-CDMA/CDMA2000対応モデルを開発中だという。

photo 「SpareOne」

 SpareOneは米XPAL Powerが開発した通話専用のシンプルな端末。非常時にSIMを差し替えて利用することを想定しており、単三乾電池1本で最大10時間の通話が可能。また電源オフ(絶縁状態)なら最大15年間保存できるとしている。また温度変化に強くマイナス30℃から60℃の環境下でも動作するという。

 端末上部には最大24時間点灯するLEDライトを備えた。防水加工を施したパッケージも付属し、パッケージに入れたままでも通話できる。そのほか、単三乾電池1本とMicro SIM用のアダプター、iPhoneのSIMトレーを開けるためピン、取扱説明書が付属する。

photo 「SpareOne」のパッケージ

 海外旅行者向けに、大手家電量販店、成田空港、羽田空港内で8月中旬に発売する予定。価格は9980円。SIMは付属しないためユーザーが別途用意する必要がある。

「SpareOne」の主な仕様
機種名 SpareOne
サイズ(幅×高さ×厚さ) 50×144×19ミリ
重さ 75グラム
対応通信規格 GSM(850/1900MHz、900/1800MHz)
電源 アルカリ、またはリチウム単三乾電池1本(マンガンは除く)

関連キーワード

乾電池 | GSM | 海外 | 海外旅行 | 通信規格 | 携帯電話


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.