ニュース
» 2013年11月21日 14時31分 UPDATE

LTE-AのCAもサポート:ドコモ、マルチバンド対応のLTE小型基地局を開発 屋内エリアも下り150Mbpsに

ドコモが、3つの周波数帯域をサポートするLTE用の屋内小型基地局装置と屋内アンテナを開発した。限られた設置スペースしかない屋内エリアでも下り最大150Mbpsの高速通信を提供できる。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは11月21日、マルチバンド対応のLTE用屋内小型基地局装置と屋内アンテナの開発を発表した。全国の屋内エリアで同日から順次設置する。

photo 従来の屋内基地局とマルチバンド対応屋内基地局装置の比較

 新開発された屋内基地局装置とアンテナは、ドコモが従来から使用している2GHz帯に加えて、新たに1.7GHz帯と1.5GHz帯に対応。複数の周波数帯域を使うことで屋内エリアでの通信容量を大幅に増やすほか、下り最大150Mbpsの高速通信も提供できる。また1つで3つの周波数帯に対応することから、新たな設置場所を用意することなく、設置済の屋内アンテナと置き換えるだけでより快適なネットワーク環境の構築を可能とした。

photo 従来の屋内アンテナとマルチバンド対応屋内アンテナの比較

 さらに、次世代通信規格のLTE-Advancedに採用されたキャリアアグリケーションにも対応。複数の周波数帯域を同時に利用することで、下り最大225Mbpsの高速通信を実現するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.