ニュース
» 2014年01月15日 09時57分 UPDATE

Sony Mobile、普及モデル「Xperia T2 Ultra」と「Xperia E1」を発表

ソニーモバイルが、新興国市場向けのLTE対応端末「Xperia T2 Ultra」と、音楽機能に特化した廉価モデル「Xperia E1」を発表した。いずれもデュアルSIMモデルが用意されている。

[ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズは1月14日(英国時間)、Xperiaシリーズの新モデル「Xperia T2 Ultra(以下T2 Ultra)」と「Xperia E1(以下E1)」を発表した。6インチのT2 Ultraは中国やアフリカなどの新興国市場向け普及モデル、E1は音楽機能にフォーカスしたミドルレンジ端末だ。いずれもデュアルSIMモデルが用意されている。

6インチでLTEにも対応する「Xperia T2 Ultra」

 2012年8月に発表した「Xperia T」の後継モデルに当たり、6インチ(解像度は1280×720)ディスプレイと1300万画素のカメラが特徴。バッテリーは3000mAhと大容量だ。その他のスペックは、CPUは1.4GHzクアッドコア、メモリは1Gバイト、ストレージは8Gバイトとミドルレンジになっている。

 t2 ultra Xperia T2 Ultra
 t2 ultra 2

 カメラ関連アプリが充実しており、同社のフラッグシップ端末「Xperia Z1」にも搭載されている「Timeshift burst」や「Portrait retouch」などのアプリがプリインストールされている(「Info Eye」や「AR Effects」などは未搭載)。

100dBスピーカー搭載の音楽端末「Xperia E1」

 2012年12月に発表した「Xperia E」の後継モデルに当たり、“ウォークマンの音楽体験”にフォーカスしている。

 e1 Xperia E1

 ソニーのサウンド技術、xLOUD、クリアベース、クリアステレオを搭載し、端末上部にある「ウォークマンボタン」でウォークマンアプリを起動でき、背面のスピーカーは100デシベルまでの出力が可能だ。

 e1 2 背面スピーカー(左)、ウォークマンボタン(右)
「Xperia T2 Ultra」と「Xperia E1」の主な仕様
機種名 Xperia T2 Ultra Xperia E1
OS Android 4.3(コードネーム:Jelly Bean) 同左
ディスプレイ 6インチ(720×1080) 4インチ(800×480)
CPU Qualcomm Snapdragon MSM8928(1.4GHzクアッドコア) Qualcomm Snapdragon MSM8210(1.2GHzデュアルコア)
RAM 1Gバイト 512Mバイト
ストレージ 8Gバイト 4Gバイト
外部メモリ microSD(最大32Gバイト) 同左
メインカメラ 1300万画素 300万画素
インカメラ 110万画素 不明(なし?)
サイズ 165.2×83.8×7.65ミリ 118×62.4×12ミリ
重さ 172グラム 120グラム
バッテリー容量 3000mAh 1700mAh
ネットワーク GSM/UMTS/LTE GSM/UMTS

 いずれも価格や販売地域、販売時期はまだ発表されていない。

 同社は2014 International CESではハイエンドの「Xperia Z1 Compact」を発表した。こちらは2月以降に世界各国で発売する計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.