ニュース
» 2014年01月30日 15時04分 UPDATE

スマホ連携の新サービスも:NTTと東レ、着るだけで心拍数などを計測できる機能素材「hitoe」を発表

東レとNTTが、着るだけで心拍数や心電波形を計測できる機能素材「hitoe」を発表。hitoeを活用した生体情報計測用ウェアの商品化や、スマホを活用した新しいサービスの提供を目指す。

[田中聡,ITmedia]

 東レとNTTが1月30日、新しい機能素材「hitoe」を実用化したことを発表した。

 hitoeを活用した衣類を着るだけで、心拍数や心電波形などの生体情報を連続的に計測できる。hitoeは肌へのフィット性や通気性などを兼ね備えているほか、配線がウェアに一体化されているので、洗濯してしても繰り返し使える。体型差をカバーするため、着用者のサイズが多少異なってもほぼ一定の着圧が得られるよう、ストレッチ素材を用いている。

photophotophoto 新開発した機能素材「hitoe」(写真=左)。hitoeを使用した生体情報計測用ウェア(写真=中)。スマホで心拍数や心電波形を計測するイメージ(写真=右)

 今回、東レとNTTが、ナノファイバー生地に高導電性樹脂を特殊コーティングすることで、耐久性に優れ、生体信号を高感度に検出できる機能素材の実用化に成功した。

 NTTと東レは、hitoeを活用した生体情報計測用ウェアの商品化や、スマートフォンを活用した新サービスの実現に向けた取り組みを進めていく。NTTドコモはhitoeを活用し、健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」との連携や、スポーツ分野や健康増進分野などを中心とした新サービスの提供を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.