ニュース
» 2014年02月20日 11時29分 UPDATE

「地図の上で、より直感的な意思決定を」――Googleが新生「Google マップ」提供へ

Googleは2月19日、PC向け「Google マップ」の新バージョンについて記者向け発表会を行った。数週間かけて随時新バージョンへの切り替えを行うという。

[村上万純,ITmedia]

 Googleは2月19日、新しいPC版「Google マップ」の提供に関する記者向け発表会を開催した。発表会では、同社のGoogle マップ プログラムマネージャー村上陽祐氏が登壇し、新機能の概要を説明した。

photo GoogleのGoogle マップ プログラムマネージャー村上陽祐氏

より直感的に、地図の上で意思決定ができるように

 2月20日から数週間かけて移行していくという新生「Google マップ」は、2013年5月に米国で発表され、一部日本のユーザーにもβ版として提供していたもの。今後、新機能がデフォルトで使えるようになる。

 村上氏によると、「PC版Google マップは現在145ドメイン、69カ国語で使用され、月間アクティブユーザー数は10億人以上、モバイル版は118カ国で展開しており、月間アクティブユーザー数は3億人以上に上る」という。

 Google マップは、「正確」「幅広い情報を網羅」「使いやすく」をコンセプトの3本柱にしている。Googleは今回の新バージョンへの切り替えについて、「より直感的に地図の上で意思決定しやすいようにした。ユーザーによってマップの使い方はそれぞれ異なるため、各ユーザーがやりたいことに合わせた設計を意識している。デザイン面では地図の画面を大きくし、シンプルでカラフルになった」と説明した。なお、以前のマップへ切り替える機能も残しておくという。

photo 地図の画面がより大きくなるようデザインされている 提供:Google

ルート検索の効率化や、3Dマップの充実など

 新バージョンでは、ルート検索や交通状況の確認、ストリートビューなどの機能がさらに便利になったという。

 ルート検索では、クルマ、公共交通機関、徒歩、自転車などのあらゆる移動手段に合わせた効率的なルートを検索でき、それぞれの所要時間、移動距離の確認もしやすくなる。また、複数経路の移動時間・距離の比較もできる。

photo 複数のルートを比較できる 提供:Google

 また、自宅や職場などを登録しておくと、任意の場所と登録した場所のルートを簡単に検索することも可能。リアルタイムで道路の渋滞状況を確認し、違うルートを選ぶこともできる。

 ストリートビューでは、有名な建造物や街角、山脈などを閲覧できるため、旅行の下見などで役立てることができる。さらに、地図画面下部にある「ランウェイ」にはユーザーがアップロードした風景写真なども自動で配置される。また、「Earth」アイコンをクリックすると、3Dマップを利用することも可能だ。

photo 3Dマップ 提供:Google
photo ストリートビュー 提供:Google

 なお、PCで新しいGoogle マップを使う場合は、以下のシステム要件を満たす必要がある。

  • Google Chrome、Firefox、Safari 6以上、Internet Explorer 10以上
  • Windows XP(Firefox以外)、Windows Vista以上。Mac OS Xは10.8.3以前のバージョンでも動作する
  • 最新のビデオカードのハードウェアとドライバ

 さらに、3Dマップを含む全機能を利用する場合は、下記の要件も満たさなければならない。

  • Google ChromeもしくはFirefoxの最新バージョン
  • Mac OS X 10.8.3以降もしくはWindows Vista/7/8

関連キーワード

Google | 地図 | Google Maps | 3D


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.