ニュース
» 2014年02月25日 15時44分 UPDATE

Mobile World Congress 2014:富士通、超音波振動で触感を表現するタッチパネルを開発

富士通と富士通研究所は、超音波振動で触感を表現するタッチパネルと、それを搭載した試作タブレットを発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 富士通と富士通研究所は2月24日、ツルツル感やザラザラ感といった触感が得られるタッチパネルを搭載した試作タブレットを発表した。

photo 触覚技術を搭載したタブレットの試作機

 このタッチパネルは富士通研究所が業界で初めて開発したもの。超音波振動でタッチパネルと指との間に空気膜を発生させ、浮揚作用により指先の摩擦力を変えて触感を表現している。

photo 超音波振動で発生させた空気圧を使い、摩擦を変化させて触感を表現している

 従来もタッチパネル自体の振動や静電気の発生により凹凸感などの感触を伝える技術はあったが、新技術ではこれまで表現が難しかったツルツル感やザラザラ感を体感できるようになった。

 試作タブレットは24日からスペイン・バルセロナで開催されているMobile World Congress 2014の富士通ブース(Hall 5)で展示中で、視覚・聴覚・触覚をあわせた新たな感覚を体験できる4つのデモンストレーションを行なっている。

 より直感的でリアルな操作性を実現したことで、電子カタログなどへの応用が考えられるという。またタブレットなどのデバイスだけでなく、さまざまななサービスへの適用も視野に入れており、富士通および富士通研究所では触感表現とその多様化について研究開発を進め、2015年度中に製品化することを目指している。

関連キーワード

富士通 | 富士通研究所 | 超音波 | 触覚


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.