調査リポート
» 2014年02月27日 07時00分 UPDATE

イード、九州7県でのスマートフォン速度実測調査を実施――平均速度はドコモ優位

イードは、九州7県におけるiPhone/Android端末の速度実測調査を実施。どちらもダウンロード平均速度はNTTドコモが優位となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 イードは、九州地区7県における携帯電話主要3キャリアの端末を使用した通信速度の実測調査を実施。2月26日に結果を発表した。

Photo 九州7県におけるスマートフォン速度実測調査

 調査を行ったのは、7県の大学・高校86カ所、観光・レジャー・ショッピング施設60カ所、駅・空港18カ所の計164カ所。利用端末はNTTドコモ、au、ソフトバンクのiPhone 5c、ドコモの「Xperia Z1f」、auの「Xperia Z1」、ソフトバンクモバイルの「AQUOS PHONE Xx」の計6機種で、調査期間は2月5日から2月18日まで。

 調査結果によると、ドコモのiPhone 5cは全164カ所中81カ所で下り速度の平均値23.9Mbpsを記録。最速地点は「別府大学」(大分県別府市)で64.2Mbpsとなった。Android端末でも、Xperia Z1fが全164カ所中97カ所で1位となり、平均速度は下り29.3Mbps。

 86カ所の大学・高校、60カ所の観光・レジャー・ショッピング施設、18カ所の駅・空港でもNTTドコモのiPhone/Android端末が下り平均速度1位を獲得。なお、上り平均速度ではソフトバンクの端末が広い範囲でトップとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.