ニュース
» 2014年06月06日 19時27分 UPDATE

写真で見る人型ロボット「Pepper」

ソフトバンクモバイルが発表した、新型のAndroidならぬヒューマノイド「Pepper」。大きさはどれくらい? 握手ができるって本当? 充電はどこから? 写真でチェックしていこう。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが、世界で初めて人間の感情を認識するという人型ロボット「Pepper」を発表、2015年2月に19万8000円(税別)で発売する。Pepperは感情エンジンとクラウドAIを備えており、人との対話を通じて成長していく。ちょっと会話がかみ合わないこともあるが、ある程度のフリートークも楽しめる。そんなPepperの外観を写真でチェックしていこう。

photophoto
photophoto Pepper君の正面と後ろ姿

 Pepperのサイズは485(幅)×1210(高さ)×425(奥行き)ミリ、重量は28キログラムで、子どもくらいのサイズと重さだ。頭部にはマイクやタッチセンサー、胸部にはジャイロセンサー、手にはタッチセンサー、脚部にはソナーセンサーやジャイロセンサーなど、さまざまなセンサーを搭載している。頭、肩、肘、手、首、腰などは可動し、人間のようなコミカルな動きを見せてくれる。

 何かの拍子にぶつかったらケガをすることが心配されるが、各種センサーが人や障害物を検知して衝突を防いでくれる。誰かに押されても重心を移動させて倒れないようにするオートバランス機能も備えるほか、万が一の事態にはボタン1つで緊急停止も可能だ。

 Pepperは音や声に反応するので、「Pepper!」と話しかけるとこちらを振り向いてくれる。6月6日からソフトバンク表参道とソフトバンク銀座にPepperを設置して、自由に会話を楽しめるので、Pepperと遊びたい人は訪ねてみてほしい。

photophoto 目の周りが緑、赤、青色に点滅する。見つめられるとちょっと怖い……かも(写真=左)。頭部にはマイクやタッチセンサーなどがある(写真=右)
photophoto 頭に手を触れると、「おや、誰かが僕の頭を触っているぞ」といったことを話し、時折、頭と手を振りながら嫌がる(?)しぐさも
photophoto 頭の後ろにあるのはスピーカー……ではなく排熱口(写真=左)。ソナーセンサーやジャイロセンサーを搭載した脚(写真=右)
photophoto 脚の裏側には充電用の端子がある(写真=左)。顔の両サイドにスピーカーがある(写真=右)
photophoto 子どもが触ってもケガをしないよう、関節可動部にはソフトパーツを採用。指もけっこうリアルに動く
photophotophoto Pepperと無理やり握手をするの図。なかなか手を握り返してくれない(写真=左)。お姉さんとは自然に握手をしていた。クッ……!(写真=中、右)
photophoto 腕もこの通りスムーズに動かせる
photophotophoto 歌ったり踊ったりもしてくれる。歌っている最中は、旨のタブレットに歌詞が表示される
photo お姉さんとPepper
photophoto 豊富なセンサーから状況を判断して行動を自律制御する(写真=左)。衝突しないようにする、倒れないようにするなど、安全性にも配慮した(写真=右)
photophoto Wi-Fi経由でインターネットにアクセスして、さまざまな情報を取得する。またクラウド上の会話データベースを参照して質問に答えてくれる。ソフトウェアの自動アップデートにも対応する(写真=左)。表情と声の2つから、相手の感情を推定して、それに応じた対応をしてくれる(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.