ニュース
» 2014年06月07日 15時38分 UPDATE

ケータイも話し放題に:ソフトバンク、“完全定額”の新「スマ放題」を月2700円で提供――通信量の翌月繰り越しも

ソフトバンクは、国内通話を定額利用できる新「スマ放題」を発表した。スマホだけでなくケータイ向け料金も用意する。またパケット定額料は8種類で、翌月への繰り越しも可能だ。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは6月7日、国内通話が定額利用になる新しい料金プラン「スマ放題」を発表した。スマートフォン向けは月額2700円からで、ドコモの新プランと同額とした。7月1日から提供を開始し、6月11日より事前の申し込みを受け付ける。

photo 「スマ放題」の基本プラン

 基本プランはスマホ向けの「通話し放題プラン」は月額2700円(税別、以下同)、3Gケータイ向けの「通話し放題プラン(3Gケータイ)」は2200円で提供。どちらも、固定電話や他社携帯電話など、国内通話が時間と回数を問わず定額になる(一部を除く)。タブレット向けに通話無しの「タブレットプラン」も1700円で用意する。

photo 「スマ放題」のデータ定額パック

 データ通信の定額料金は月間2Gバイト(3500円)から30Gバイト(2万2500円)までの6種類と、シンプルスマホ向け、3Gケータイ向けの合計8種類を用意した。さらに余った通信量を翌月末まで繰り越せる制度も導入する。

 このほか、家族間のデータシェアや家族回線の数に合わせた基本料の割り引き、長期契約者向けのポイント還元率アップ、25歳以下のユーザーへの割り引き、2台目用としてモバイルWi-Fiルーターを持つ場合の専用料金なども発表された。

関連キーワード

パケット定額 | 〜放題 | 割引 | 家族 | 料金プラン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.