ニュース
» 2014年06月25日 13時22分 UPDATE

ソフトバンクモバイル、陸上自衛隊中部方面隊と災害協定を締結

南海トラフ地震に備え、連絡体制を確立するとともに、協同訓練を年1回以上実施する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは6月24日、陸上自衛隊中部方面隊と災害時の相互協力を目的とした災害協定(陸上自衛隊中部方面隊とソフトバンクモバイルとの間の災害時における通信確保のための相互協力に関する協定)を締結した。

 中部方面隊が管轄する東海、北陸、関西、中国、四国では南海トラフ地震の発生が予想されており、災害時における通信確保に向けた広範な相互協力を行い、迅速な復旧活動を目指す。なおソフトバンクは3月11日に防衛省と中央協定を結んでいる。

 災害時に中部方面隊は、被災地における通信手段を確保するために活動するソフトバンクに対して、物資の輸送や各種施設・設備の使用、燃料・資材等の物資および機材の貸し出しなどの協力を行う。また、ソフトバンクは復旧・人命救助活動に必要な通信手段として、衛星携帯電話や携帯電話などの通信機器を優先的に提供。両者間で連絡体制を確立するとともに、協同訓練を年1回以上実施する。

協定の概要

  • 被災地の災害復旧活動に関する情報を相互に提供すること。
  • 陸上自衛隊中部方面隊が必要とする衛星携帯電話、携帯電話などの貸し出しをソフトバンクモバイルが行うこと。
  • ソフトバンクモバイルの通信復旧活動において、ソフトバンクモバイル単独では被災地に入ることが難しい場合に、条件が許せば陸上自衛隊中部方面隊の車両やヘリコプターで、ソフトバンクモバイルの人員や可搬型基地局を運搬すること。
  • 連絡調整のための会議と、協同訓練を年1回以上実施すること。

関連キーワード

災害 | 自衛隊 | 携帯電話 | 被災地 | 衛星通信


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.