ニュース
» 2014年06月25日 14時12分 UPDATE

8月13日から提供:KDDI、音声通話定額+6つのデータ定額サービス「カケホとデジラ」を発表

ドコモとソフトバンクモバイルに続き、KDDIも国内の音声を完全定額で利用できる新料金プランを開始。パケット定額サービスもリニューアルした。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは6月25日、国内音声通話定額プラン「電話カケ放題プラン」と、6つの容量から選べる「データ定額」を組み合わせた新料金サービス「カケホとデジラ」を発表。2014年8月13日から提供する。

 電話カケ放題プランは、auスマートフォンとauケータイに向けた、国内の通話を定額で利用できるサービス。通話回数や時間などの制限はない。料金はスマートフォンが月額2700円(税別、以下同)、ケータイが月額2200円。ドコモの「カケホーダイ&パケあえる」とソフトバンクの「スマ放題」と同様の料金となっている。

photo 4G LTEスマートフォン向けの電話カケ放題プラン+データ定額
photo auケータイ向けの電話カケ放題プラン

 データ定額は、2Gバイトで3500円、3Gバイトで4200円、5Gバイトで5000円、8Gバイトで6800円、10Gバイトで8000円、13Gバイトで9800円のプランを用意。最安の2Gバイトプラン「データ定額2」の3500円と、電話カケ放題プランの2700円、LTE NETの300円を加えた月額料金の合計は6500円となる。auケータイ向けには3500円のデータ定額を用意した。

 新料金プランは「auスマートバリュー」の対象となるので、最大2年間で1410円が割り引かれる。また、新料金プランの提供に合わせて、auケータイもauスマートバリューの対象となり、最大934円の割り引きが適用される。

 月額データ量を超過した際に、0.5Gバイトで550円、1Gバイトで1000円のデータ量を購入できる「データチャージ」も8月13日から提供する。データ量は「データチャージサイト」から購入できる。購入したデータ量の有効期限は62日。事前に「データチャージオプション」に申し込む必要がある。

photo データチャージ
photo

 家族間で0.5Gバイト単位でデータ量を贈れる「データギフト」も12月末に提供する予定だ。必要に応じてデータ容量を追加料金なしでリアルタイムに贈り合うことができる。受け取ったデータは当月末まで利用可能。

photo データギフト

 また、auの長期ユーザー向けに、6年目から3カ月に1度だけデータ容量を増加する「長期優待データギフト」の提供も開始する。提供開始時期は未定。「データ定額2」「データ定額3」プランの場合は、契約から6〜8年目のユーザーが0.5Gバイト、9〜10年目が0.75Gバイト、11年目以降が1Gバイトの増量を行える。「データ定額5」以上のプランでは、6〜8年目が1Gバイト、9〜10年目が1.5Gバイト、11年目以降が2Gバイトの増量となる。

photo 長期優待データギフト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.