ニュース
» 2014年07月11日 11時56分 UPDATE

腕に巻かずに睡眠をトラッキングできるシート型ガジェット「BEDDIT」

シーツの下に置いておくことで睡眠時間や眠りの深さ、心拍数などをトラッキングし、目覚ましを眠りの浅いタイミングで鳴らしてくれる「Misfit Beddit Sleep」が150ドルで発売される。

[ITmedia]

 米Misfit Wearablesは7月10日(現地時間)、シーツの下に置くことで睡眠状態をトラッキングできるガジェットとアプリのキット「Misfit Beddit Sleep」を発表した。価格は149.99ドルで、現在オンラインショップで予約を受け付けている。

 sleep 1

 リストバンド型ウェアラブル端末で睡眠の状態をトラッキングできるものは多いが、腕に巻いたまま寝なければならない。Beddit Sleepは紙のように薄いので、シーツの下に設置しておいても異物感はないという。

 sleep 2
 sleep 3 iPhoneアプリ

 Misfitは、コイン形の健康機器「Misfit Shine」を販売するウェアラブルガジェットメーカー。Shineの睡眠トラッキング機能の重要性が高まったことから、睡眠トラッキングに特化した製品の提供に踏み切ったという。

 Beddit Sleepでは、睡眠時間、睡眠サイクル、目覚め、心拍数、呼吸間隔、いびきなどを検知し、Bluetooth接続したiPhoneにデータを転送する(Androidアプリも間もなく公開する予定)。

 アプリには就寝時にアンビエントな音楽を再生し、眠りが浅いタイミングに目覚ましを鳴らす機能もある。

 素材はプラスティックで色は白と黒の2職。USB接続で充電する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.