ニュース
» 2014年12月11日 15時28分 UPDATE

KDDIグループが格安スマホ「UQ Mobile」を発表 月2Gバイトで月額980円から

KDDIグループのKDDIバリューイネイブラー(KVE)は、12月18日からMVNOサービス「UQ Mobile」を開始する。SIMのみを月額980円で販売するほか、対応スマホ2機種もセット販売する。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDI傘下のKDDIバリューイネイブラー(KVE)は12月11日、auの4G LTEを利用するMVNOサービス「UQ Mobile」を発表した。18日から提供を開始する。SIMカードのみに加え、対応スマートフォンとして京セラ製の「KC-01」、LGエレクトロニクス製の「LG G3 Beat」とのセット販売も行う。

photo 「UQ Mobile」を発表するKVEの菱岡弘社長(右)
photo 「KC-01」と「LG G3 Beat」

 UQ Mobileの通信料金は、下り最大150Mbps/上り最大25MbpsのLTE通信が月間2Gバイトまで利用できる「データ高速プラン」が980円(税別、以下同)。これに音声通話プランを追加した場合は1680円になる。2Gバイトを超えた場合の通信速度は200kbpsに制限する。SMSとテザリングは追加料金なしで利用できる。

 また最大300kbpsの通信が無制限で利用できる「データ無制限プラン」も1980円で提供する。音声通話を追加した場合の月額料金は2680円。なお2015年12月31日まで、通信速度を500kbpsにアップする増速キャンペーンを実施する。

photo 料金プラン

 2つのプランとも通話料金は20円/30秒の従量制。SMSの送信料は3円/1通で、国際SMSは100円/1通で提供する。このほかオプションサービスとして、留守電話サービスや迷惑電話撃退サービスをパックした電話基本パック(380円)、端末保証サービス(380円)、リアルタイム着信が可能な「@uwmobile.jp」ドメインのキャリアメールを提供する「メールサービス」(200円)も用意した。

 現時点のSIMサイズはMicro SIMのみで、KC-01/LG G3 Beat以外の対応機種はサービス開始時に案内する。またiOS 8以降を搭載するiPhoneでは利用できない。

 対応スマホの端末価格は、KC-01が2万9760円、LG G3 Beatが3万4800円。一括払いのほか、端末代金を24カ月に渡って支払う「端末購入アシスト」も採用した。端末購入アシストを選択した場合、KC-01は月額1240円、LG G3 Beatなら月額1450円が通信料に加算される。

 なおサービス開始時には初期費用としてSIMパッケージ料金3000円が発生する。また音声通話付きプランについては12カ月の最低利用期間を設定しており、期間内に解除する場合は契約解除料として9500円が必要になる。

photo 「UQ Mobile」

関連キーワード

KDDI | UQ WiMAX | スマートフォン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.