ニュース
» 2015年02月03日 12時37分 UPDATE

調査リポート:世界タブレット出荷、2014年の4Qに初の前年比減 AppleとSamsungがシェア落とす

2014年第4四半期の世界におけるタブレット出荷台数が、IDCの調査開始以来初めて、前年同期を下回った。首位のApple、2位のSamsungともに出荷台数が減り、シェアを落とした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社IDCは2月2日(現地時間)、2014年第4四半期(10〜12月)および2014年通年の世界タブレット市場に関する調査結果を発表した。第4四半期は、2010年の調査開始以来初めて、前年同期を下回った。

 第4四半期のタブレット(米MicrosoftのSurfaceのような2イン1型を含む)の出荷台数は前年同期比3.2%減の7610万台。2014年通年では4.4%増の2億2960万台だった。

 米Appleが自ら明らかにしているように、同四半期のiPadの出荷台数は18%減の2100万台だった。市場シェアも5ポイント減らしたが、それでも2位の韓国Samsung Electronicsに13.6ポイントの差を付けての首位を守った。

 2位のSamsungの出荷台数も前年同期比で18.4%減り、市場シェアは2.7ポイント減った。

 上位5社で唯一前年比増だったのは3位の中国Lenovo。米GoogleのAndroidと米Microsoftの両方について、多用なディスプレイサイズの低価格端末を出していく戦略が奏効した。

 IDCは2015年については、Microsoftの「Windows 10」搭載タブレットの登場やさらなる大画面化、ジェスチャー入力などの新技術の採用などにより、市場はまだ拡大すると予測する。

2014年第4四半期のメーカー別世界タブレット出荷ランキング(単位:100万台)
順位 メーカー名 2014年4Q出荷台数 2014年4Qシェア(%) 2013年4Q出荷台数 2013年4Qシェア(%) 成長率
1 Apple 21.4 28.1 26.0 33.1 -17.8
2 Samsung 11.0 14.5 13.5 17.2 -18.4
3 Lenovo 3.7 4.8 3.4 4.3 9.1
4 ASUS 3.0 4.0 4.0 5.1 -24.9
5 Amazon.com 1.7 2.3 5.8 7.4 -69.9
その他 35.2 46.2 25.8 32.8 36.2
合計 76.1 100.0 78.6 100.0 -3.2
(資料:IDC)
 idc メーカー別四半期出荷台数推移(資料:IDC)
2014年通年のメーカー別世界タブレット出荷ランキング(単位:100万台)
順位 OS名 2014年出荷台数 2014年シェア(%) 2013年出荷台数 2013年シェア(%) 成長率
1 Apple 63.4 27.6 74.3 33.8 -14.6
2 Samsung 40.2 17.5 39.7 18.1 1.1
3 ASUS 11.5 5.0 12.2 5.6 -5.5
4 Lenovo 11.2 4.9 7.8 3.5 43.5
5 Amazon.com 3.3 1.4 9.8 4.4 -66.4
その他 100.0 43.6 76.1 34.6 31.4
合計 229.6 100.0 219.9 100.0 4.4
(資料:IDC)

変更履歴:2014年第4四半期のランキング表でAppleの酒家台数が間違っておりました。お詫びして訂正いたします。[2015/2/3 22:05]

関連キーワード

タブレット | IDC | Samsung | Apple | レノボ | Microsoft | Amazon | ASUS | Windows 10


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.