ニュース
» 2015年03月02日 17時54分 UPDATE

キャップレス防水対応+500万画素インカメラ搭載――ミッドレンジの「Xperia M4 Aqua」発表

ソニーモバイルが、Mobile World Congress 2015にてミッドレンジのスマートフォン「Xperia M4 Aqua」を発表。2015年春に80カ国で発売するが、日本での発売は未定。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが3月2日(現地時間)、スペイン・バルセロナで開催されている「Mobile World Congress 2015」にて、Xperiaシリーズの新モデル「Xperia M4 Aqua」を発表した。2015年春から世界80カ国にて発売される予定だが、日本での発売は予定していない。価格は約299ユーロ(約4万30円)。

photophoto 「Xperia M4 Aqua」のホワイトとブラック
photo コーラル

 Xperia M4 Aquaは、IPX5/IPX8の防水性能とIP6Xの防じん性能を備えたミッドレンジのスマートフォン。厚さ7.3ミリのスリムなボディを実現した。Xperiaのオムニバランスデザインを継承しており、側面にはメタリックなフレームをあしらった。カラーはホワイト、ブラック、コーラルの3色。

 ディスプレイは、IPS方式の5型、HD(720×1280ピクセル)液晶を搭載。プロセッサはQualcommの64ビット、オクタコア搭載の「Snapdragon 610」を採用した。Micro USB端子がキャップレスとなっていので、よりスムーズに充電できるようになった。容量2400mAhのバッテリーを備えるほか、ソニー独自のスタミナモードも利用でき、ソニーモバイルは「2日間バッテリーが持つ」と訴求している。通信は下り最大150MbpsのLTEに対応する。

 カメラはXperia Zシリーズでおなじみの「Gレンズ」ではないが、メインカメラには有効約1300万画素のCMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を採用。F値は2.0、ISO感度は最大3200で、暗い場所でもノイズを抑えて明るく撮れるとしている。静止画と動画どちらもHDR撮影が可能だ。セルフィー(自分撮り)を重視してメインカメラは500万に画素数を上げ、88度の広角な撮影も可能。10種類のエフェクトから顔を補正できる「Portrait retouch」アプリもプリセットした。

photo
photo
photo
※初出時に「メタルフレーム」と記載していましたが、正しくは「メタリックなフレーム」です。おわびして訂正いたします(3/3 17:21)。

「Xperia M4 Aqua」の主な仕様
機種名 Xperia M4 Aqua
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
OS Android 5.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 610(1.5GHzクアッドコア+1GHzクアッドコア)
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 8Gバイト
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約5.0型HD TFT液晶(IPS方式)
解像度 720×1280ピクセル
連続通話時間 約797分
連続待受時間 約779時間
バッテリー容量 2400mAh
メインカメラ 有効約1300万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディカラー ホワイト、ブラック、コーラル
サイズ 約72.6(幅)×145.5(高さ)×7.3(奥行き)ミリ
重量 約140グラム

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.