ニュース
» 2015年03月02日 18時34分 UPDATE

Mobile World Congress 2015:富士通、「虹彩認証システム」搭載スマホを開発――画面を見てロックを解除

富士通は、虹彩認証システムを搭載したスマホ試作機を開発した。虹彩は偽造などが難しいため安全性が高いほか、画面を見るだけでロックを解除できるなど利便性も向上する。

[平賀洋一,ITmedia]

 富士通は3月2日、ユーザーがスマートフォンの画面を見るだけでロックを解除できる「虹彩認証システム」搭載スマホの開発を発表した。スペイン・バルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2015」で、試作機の展示とデモを行う。

photo 赤外線カメラ、赤外線LED照明を搭載したスマートフォンの試作機の概要図

 虹彩認証とは、瞳孔の外側にある虹彩と呼ばれる環状のしわを読み取り、指紋のように本人確認を行う生体認証技術。虹彩のパターンは2歳ごろからほとんど変化することなく、偽造も困難で、ケガなどのキズも受けにくいといった特徴があるという。

photo 虹彩認証のイメージ

 従来のスマートフォンで画面ロックを解除するには、パスワード入力や指紋センサーによる指紋認証など、指を使った操作が必要になる。虹彩認証であれば画面を見るだけでロック解除ができるため、手がふさがっている場合でもロックを解除できるなど操作性が向上するほか、パスワードなどを用いず、偽造をしにくい点も期待されている。またロックの解除だけでなく、Webサービスにログインする際など、スマホ利用時のID・パスワード入力なども虹彩認証に置き換えられる。

photo 手がふさがっている場合でもスマホのロックを解除できる
photo IDやパスワードの認証にも

 今回開発された虹彩認証装置は赤外線カメラと赤外線LED照明を用い、眼球部分に照射された赤外線を赤外線カメラで撮影、虹彩パターンを取得して登録・照合する仕組み。

 従来は目と赤外線カメラの距離を10センチ程度まで近づける必要があったが、高い信頼性を持つDelta ID製虹彩認証エンジン「ActiveIRIS」を採用するなどして、通常のスマホ利用時の端末とカメラの距離でも認証を可能とした。光生物学的安全性試験(IEC 62471)を実施することで、目の安全性も十分に検証しているという。

 富士通では高精度の認証技術に加え、スマートフォンやタブレットなどへの搭載が可能な小型化・最適化を実現。スマートデバイス以外のセキュリティソリューションなどにも応用が可能で、2015年度中の製品化を目指している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.