ニュース
» 2015年03月19日 20時48分 UPDATE

SIM通:格安SIMの通話料金は、IP電話でもっと安くなる!

格安スマホの料金をもっと節約したい! そこで注目なのが、IP電話サービスと回線交換型のお得な通話サービス。どこまで安くなるのか、検証してみました。

[SIM通]
SIM通

 格安SIMの登場で、データ通信量は大幅に抑えられるようになりました。しかし、通話料はというと、回線供給元の旧プランに準じており、多くの場合は21.6円/30秒という価格となっています。なんとかして通話料も抑えたいですよね。

photo

 そこで注目したいのがIP電話サービスと、回線交換(プレフィックス)型の通話サービス。IP電話の定番といえば「050Plus」や「FUSION IP-Phone SMART」「LINE電話」などがあり、回線交換型では「楽天でんわ」や「G-CALL」が挙げられます。これらを使うと通話料はどこまで安くなるのでしょうか?料金は以下の通りです。

photo

 料金的な優位性は、やはりIP電話に軍配が上がります。回線交換式の通話がキャリア・MVNOの通常音声通話料金の約半額なのに対し、IP通話サービスではひと桁台の超割安な価格設定。特に固定電話へ3円/1分でコールできるLINE電話、そして8.64円/3分でコールできる050 Plusの安さが目立ちます。

photo

 ただ、基本料金のないLINE電話の場合、ドコモ(含むMVNO)のケータイ/スマホ宛にコールすると「非通知」もしくは「通知不可能」と表示されてしまうというウィークポイントがあります。やはり人の心情として「非通知」には出たくないというところがあるのではないでしょうか?

 しかし、050 plusでは現在利用している番号が表示されます。実は筆者も050 plusを愛用しております。

 やや通信速度が遅い時や、通信環境が不安定な時でも、比較的安定して通話ができるというのも050 plusの信頼が置けるポイント。まれにバックグラウンドで起動しておくのを忘れてしまいますが、不在着信のメールも受け取れるため、弱点もしっかりとフォローしている点に惹かれました。

photo

 1月の通話料総額は34分30秒話してわずか147円。月額324円の基本料金を加算しても、docomoの通常通話料金「タイプXi」(21.6円/30秒)と比較すると1,000円近く安くなっています。僅かな差? いいえ、1,000円違えばもっとデータ量の大きなプランにステップアップできてしまいます。基本料金自体が安い格安SIMでこそ、1,000円でも大きな差を感じることができました。

 もちろんこれは筆者が使用した際の一例です。月額基本料のないFUSION、コスト最安のLINE電話、070/080/090番号からの発信でも通話料金を半額にしてくれる楽天でんわ、国内通話も非課税なG-CALLというように、どのサービスが自分に合っているかを吟味し、SIMフリースマホ、格安SIMを使っての通信・通話をもっと安くしてみてはいかがでしょうか!?

【参考】

050 Plus

FUSION IP-Phone SMART

LINE電話

楽天でんわ

G-CALL

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

関連キーワード

IP電話 | MVNO | 番号通知 | 固定電話 | 音声通信


Copyright:(C) 2016 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.