ニュース
» 2015年04月09日 11時08分 UPDATE

ソフトバンクはオプション加入が必要:キャリア版iPhone 6/6 Plusが「VoLTE」に対応――3社でサービス内容に違い

ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」向けにVoLTEサービスを開始した。iOS 8.3アップデート後に利用できる。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルは4月9日、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」でのVoLTEサービスを開始した。

photo 「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」

 同日公開された「iOS 8.3」へのアップデートと、各社のキャリアアップデートを適用することで対応する。ただし、ソフトバンク版はオプションへの加入(無料)が必要なため、「My SoftBank」やキャリアショップで申し込む必要がある。また、ドコモのビデオコール(テレビ電話)や、auの「シンクコール」(画面やカメラの表示内容を通話相手と共有する機能)は利用できない。

photo 「iOS 8.3」へのアップデート画面

 そのほかauのiPhone 6/6 Plusでは、VoLTEをオンにすることで通話しながらネット通信ができる「コンカレント通信」に対応するが、3G通信をサポートしなくなる。同社のVoLTE対応Androidスマートフォンは国内での3G通信をサポートしておらず、これと同じ運用を行うという。なおVoLTEをオフに戻せば、再び3Gを利用できるようになる。

 VoLTEはVoice over LTEの略で、LTEのデータ通信を使って音声通話を行う新しい規格。従来の回線交換方式よりも高音質で通話できるほか、ダイヤルしてから相手を呼び出すまでの時間が短くなるなどの特徴を持つ。VoLTEサービスは各社とも、自社の対応端末同士のみで利用でき、非対応端末や他社間の通話は従来の通話品質になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.