ニュース
» 2015年05月12日 19時51分 UPDATE

ICT、MVNOサービス・格安SIMの市場動向調査を発表――利用者シェアは「OCNモバイルONE」がトップ

ICT総研は「2015年 MVNOサービス・格安SIMの市場動向調査」の結果を発表。利用者シェアは「OCNモバイルONE」がトップで、月額料金への満足度が携帯電話や固定回線などと比べ高くなっている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ICT総研は、5月12日に「2015年 MVNOサービス・格安SIMの市場動向調査」の結果を発表した。

 本調査は、5月9日〜10日に格安SIM利用者726人を対象に実施したWebアンケートの結果をまとめたもの。利用者シェアや顧客満足度の実態把握、MVNO契約数のほか、格安SIM契約数の市場規模についても推計している。

 格安SIM利用者シェアのトップは「OCNモバイルONE」(17.9%)で、次いで「IIJ mio」(13.1%)、「BIGLOBE LTE・3G」(8.8%)となる。月額料金への満足度は100点満点換算で平均72.1ポイントとなり、同社が調査した携帯電話や固定インターネット回線などの利用者満足度と比べ非常に高い。一方、通信品質の満足度は平均64.5ポイントと、月額料金満足度に比べやや低くなった。

 総務省によれば、MVNOサービス契約数は2013年末時点で669万契約、2014年末は892万契約と1年間で33%の伸びを記録。同社は事業者等へのヒアリングを元に、2015年末には22.8%増の1096万契約にまで拡大すると推計。うち格安SIMの契約数は2014年末時点で241万契約と見られ、2015年末には25.7%増の303万契約まで拡大すると見込んでいる。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

2015年 MVNOサービス・格安SIMの市場動向調査

MVNO「格安SIM」利用者シェアは、「OCNモバイルONE」が17.9%でトップ。

 格安SIMによるスマートフォン利用者へのWebアンケートの結果、NTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」が17.9%と、出現率ベースで利用者数シェアトップとなった。インターネットイニシアティブの「IIJ mio」が13.1%、ビッグローブの「BIGLOBE LTE・3G」が8.8%でこれに続く。日本通信の「b-mobile」(6.7%)を含めた上位4社で合計46.6%と、シェアの半分近くを占めた。総務省によると、MVNOサービス契約数は、2013年末時点の669万契約に対し、2014年末には892万契約と、1年間で33%の伸びを記録。この要因として、この1年間で参入事業者数が大きく増加していることも挙げられる。だが、格安SIMの実際の利用者数という視点で調査したところ、MVNO市場への参入が早く、もともとネットワーク運営に定評のあるISP事業者の利用者シェアが高い結果となった。

Photo

利用者の月額料金満足度は、平均 72.1ポイントと非常に高い値に。

 格安SIMによるスマートフォン利用者に対して、月額料金満足度を聞いたところ、100点満点換算した満足度ポイントで、平均 72.1ポイントと非常に高い値となった。当社が別調査で実施している携帯電話や固定インターネット回線などの利用者満足度と比べても、非常に高い数値と言える。事業者ごとに見ると、NTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」が74.6ポイントでトップ。ソネットの「So-net PLAY SIM」が73.3ポイント、ビッグローブの「BIGLOBE LTE・3G」が72.9ポイントでこれに続いた。

通信品質満足度は、平均 64.5ポイント。「IIJ mio」が71.5ポイントでトップ。

 一方、通信品質満足度について聞いたところ、平均 64.5ポイントと、月額料金満足度に比べると満足度ポイントはやや低い結果となった。事業者ごとに見ると、インターネットイニシアティブの「IIJ mio」が71.5ポイントでトップ。「OCNモバイルONE」が70.0ポイントで次点となった。

 元来ネットワーク品質への信頼感があるNTTコミュニケーションズやインターネットイニシアティブが提供しているということで、月額料金が安いことによる懸念が払しょくできており、その結果が高い満足度ポイントに表れているものと考えられる。

Photo

MVNO「格安SIM」契約数は、2015年末に303万契約まで拡大すると推計。

 MVNOサービスの契約数市場規模は、2014年末時点で892万契約であった(総務省・MNOであるMVNOを除いたもの)。ICT総研は、事業者等へのヒアリングを元に、2015年末にはこれが22.8%増の1,096万契約にまで拡大すると推計する。また、そのうち「格安SIM」の契約数は2014年末時点で241万契約と見られるが、これも2015年末には25.7%増の303万契約まで拡大すると見込む。

 現在、モバイル契約数全体に占めるMVNO契約の比率は5%程度だが、総務省では2016年にモバイル契約数全体の10%をMVNO契約としたい意向を示している。この実現可否は、ソフトバンク回線を利用したMVNOサービスの登場や、SIMロック解除義務化の影響などにも左右されるだろう。ICT総研では、競争がますます激化するこの市場を引き続き定点観測していく方針だ。

Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.