ニュース
» 2015年05月21日 12時34分 UPDATE

So-net、@nifty、OCNなど:ドコモ光、6月から契約ISPを拡大 メールサービスも開始

ドコモ光の契約IPSに、6月からSo-net、@nifty、OCNなどが追加される。また「ドコモnet」向けに@docomonet.jpドメインのメールサービスも開始する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは5月20日、固定通信サービス「ドコモ光」の対応IPSを6月1日に追加すると発表した。新たにSo-net、@nifty、TNC、OCN、@T COM、ASAHIネット、WAKWAKが利用できるようになる(ASAHIネットとWAKWAKは6月3日から)。

photo 6月から始まる「ISP料金一体型(タイプB)」の対応ISP

 料金は「ISP料金一体型(タイプB)」として、戸建て向けは月額5400円(税別、以下同)から、集合住宅向けは月額4200円から提供する。いずれも契約は2年ごと。

 また6月1日から、ドコモのISPサービス「ドコモnet」にメール機能を追加する。ドコモnetユーザーであれば、「〜@docomonet.jp」のドメインを利用したメールを、追加料金なしで利用できる。

photo ドコモnet向けメールサービスの仕様

 メールボックスの容量は最大1Gバイト。送受信できるサイズは1通につき受信が最大100Mバイト、送信が10Mバイトまで。ウイルスチェック機能も備え、8月からは迷惑メールの自動フィルタリング機能も搭載する。なおメール受信の方式はPOPのみで、IMAPには対応しない。

関連キーワード

メール | ISP | ドコモ光 | IPS | FTTH


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.