ニュース
» 2015年05月28日 19時49分 UPDATE

ソフトバンク、電話番号でパスワードを取得する訪日外国人向け「FREE Wi-Fi PASSPORT」を提供開始

ソフトバンクモバイルは、訪日外国人を対象とした無料Wi-Fiサービス「FREE Wi-Fi PASSPORT」を提供開始。アプリのダウンロードは不要で、専用電話番号へ発信すれば利用できる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、7月1日から訪日外国人を対象とした無料Wi-Fiサービス「FREE Wi-Fi PASSPORT」を提供開始する。

 FREE Wi-Fi PASSPORTは利用中の携帯電話より専用電話番号へ発信し、パスワードを取得するというサービスだ。専用アプリのダウンロードを必要とせず、利用登録すれば2週間使い放題になる。再度パスワードを取得すれば、また2週間無料で利用可能だ。

 言語は英語、中国語、韓国語の3カ国語に対応し、同一パスワードで最大5台まで接続可能。7月中には全国約40万のアクセスポイントで利用できるようになる。2016年3月までをトライアル期間とし、利用状況などを検証して快適な通信サービス構築に活用していく。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

「FREE Wi-Fi PASSPORT」概要

1. 主な特長

通信業界初(※2)となる電話番号による利用者確認システムで、利便性を損なわず不正利用者の追跡可能

利用開始前に専用のアプリケーションをダウンロードする必要がなく、訪日直後からすぐに利用可能

国内スポット数No.1(※2)となる約40万アクセスポイントを、ご利用登録から2週間(※5)無料で使い放題

英語、中国語、韓国語の3カ国語に対応しており、ログイン画面は自動言語選択(中国語は簡体字および繁体字対応)

同一パスワードで最大5台まで接続でき、同時にスマホとタブレットを使える

2. 提供開始日

2015年7月1日以降順次

7月中には、全国約40万のアクセスポイントで利用いただけるようになります。

3. SSID

「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT」(初めの文字はドットです)

4. ロゴ

Photo

5. 主な協賛法人・団体一覧(五十音順、2015年5月28日現在)

ご協賛いただく法人・団体が提供するアクセスポイントでもご利用いただけます。

法人・団体名

  • 公益財団法人埼玉県公園緑地協会(埼玉スタジアム)
  • 株式会社�癲島屋
  • 株式会社東京ドーム
  • 株式会社東京臨海ホールディングス
  • 中日本高速道路株式会社/中日本エクシス株式会社
  • 西日本高速道路株式会社/西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社
  • 東日本高速道路株式会社
  • 株式会社モビリティランド(鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎ)
  • 横浜市 都市整備局(上大岡駅バスターミナル)
  • 公益財団法人横浜市体育協会(日産スタジアム)

6. 利用方法

専用電話番号に電話してパスワードを取得後、Wi-Fi一覧からSSIDを選択し、ログインします。

英語、中国語(ログイン画面は、簡体字および繁体字)、韓国語の3カ国語でご利用いただけます。

(ログイン画面は自動で言語選択)

なお、専用電話番号への発信には、「SoftBank」をローミング先に選択する必要があります。

Photo

[注]

※1 W-CDMA方式に対応していない携帯端末ではご利用いただけません。また、プリペイド契約などお客さまの携帯事業者との契約形態によってご利用いただけない場合がございます。

※2 国内で提供されている無料Wi-Fiサービスにおいて。当社調べ。2015年5月28日現在。

※3 当社所有のアクセスポイントのみでの提供となります。(ローミング借用のアクセスポイントは含まれません)

※4 2016年4月以降のサービス提供については、別途ホームページなどでお知らせします。

※5 2週間経過後は、もう一度パスワードを取得いただくと、再度2週間無料でご利用いただけるようになります。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.