ニュース
» 2015年06月08日 19時58分 UPDATE

悲劇は繰り返すのか:ドコモのXperia ZやZ1でAndroid 5.0のバージョンアップが見送られた理由

日本でもXperia Z2やZ3でAndroid 5.0へのバージョンアップを導入することが発表された。が、ドコモのXperia ZやZ1は、バージョンアップの対象外となった。グローバルでは対象なのに、なぜ?

[田中聡,ITmedia]

 6月4日に、NTTドコモとKDDIが、Android 5.0にバージョンアップを行う機種を発表した。

 対象機種の中でXperiaシリーズは、ドコモ向けモデルが「Xperia Z2 SO-03F」「Xperia Z3 SO-01G」「Xperia Z3 Compact SO-02G」「Xperia Z2 Tablet SO-05F」、au向けモデルが「Xperia ZL2 SOL25」「Xperia Z3 SOL26」「Xperia Z2 Tablet SOT21」だ。

 これだけでもけっこうな数で、ユーザーとしてはありがたいところだが、海外でAndroid 5.0のバージョンアップ対象になっている「Xperia Z」「Xperia ZR」「Xperia Z1」「Xperia Z1 Compact」が、ドコモのモデルでは対象外となっている。具体的には、「Xperia Z SO-02E」「Xperia A SO-04E」「Xperia Z1 SO-01F」「Xperia Z1 f SO-02F」「Xperia A2 SO-04F」。Xperia AはZR、Z1 fとA2はZ1 Compactと同モデルだ。

photo Android 5.0の導入が見送られたドコモの「Xperia Z1 f SO-02F」と「Xperia Z1 SO-01F」

au向けXperia Z1やZ Ultraなどは可能性を残す

 auのほかのモデルのAndroid 5.0導入についてKDDI広報部に確認したところ「する、しないも含めて未定」とのことで、まだ可能性を残している。auでは「Xperia UL SOL22」「Xperia Z Ultra SOL24」「Xperia Z1 SOL23」などが保留になっている状態だが、果たしてバージョンアップされるのだろうか。

 問題は、すでにXperia Z1以前のバージョンアップをしないと明言しているドコモだ。海外でバージョンアップ対象になっているということは、ハードウェア上の要件は満たしているはず。しかも、7月にはXperia ZシリーズでAndroid 5.1の導入も予定している。なぜ、日本ではバージョンアップ対象外になってしまったのか。

バージョンアップ見送りの原因は「キャリアアプリ」にあり?

 Z1以前のモデルのバージョンアップを見送った理由をドコモに確認したところ、「ハードウェアとソフトウェアの動作状況を総合的に判断した結果」とのこと。具体的には、ドコモ独自のアプリが同社の基準を満たす動作をすることが確認できなかったためだという。ドコモはスマートフォン向けに「しゃべってコンシェル」「iコンシェル」「dマーケット」などを提供しているが、対象外となったスマホをAndroid 5.0にすると、こうしたアプリやサービスがしっかり動作しない――ということなのだろう。

 Xperia Zはすでに発売から2年が経過しており、バージョンアップの打ち止めは致し方ない感もあるが、それ以降のモデルは発売から2年未満であるだけに、残念なところ。キャリアアプリがしっかり動作しないというのは致命的だが、使わない人にとっては影響はない。

 こうしたデメリットをユーザーが理解したうえでバージョンアップするという選択肢を用意してもよかった気がするが、知らずにバージョンアップをして動作不良になり、クレームが増えることも容易に想像がつく。であれば、Xperia Z1以前の機種はドコモショップのみでAndroid 5.0へのバージョンアップを受け付け、希望する人には、ドコモのサービスが満足のいくパフォーマンスで使えないことを入念に説明し、了承を得た人だけでバージョンアップに応じる、という方法もあると思うのだが、どうだろう(もちろんショップの負荷は増えるわけだが)。

ほかのモデルと比べても、スペック上は問題ないはず

 過去には、ドコモの「Xperia arc」が、メモリ不足が原因で(とされている)Android 4.0へのバージョンアップが見送られたが、今回も同じ“悲劇”が起きてしまった。メインメモリはXperia Z1やZは2Gバイト、Xperia Z2以降のモデルは3Gバイトだが、ほかにAndroid 5.0バージョンアップの対象となっているARROWS NXやAQUOS ZETAのメインメモリは2Gバイトなので、これが原因とは考えにくい。プロセッサを見ても、Xperia Z1に採用されているQualcommの「MSM8974」は、バージョンアップ対象のほかのモデルでも採用されている。

photo ドコモの「Xperia Z2 SO-03F」(左)と「Xperia Z1 SO-01F」(右)。大きなスペックの違いはプロセッサの世代(800か801か)とメインメモリ(2Gバイトか3Gバイト)だが、これが影響を与えたとは考えにくい

 また、Xperia Aと同じタイミングで発売された(Xperia Aと同じツートップの片割れである)「GALAXY S4 SC-04E」もバージョンアップ対象になっているだけに、ZやZ1の見送りは、なおさら不可解なものがある。

 ドコモのAndroid 5.0バージョンアップを予告するお知らせページには「上記機種以外の製品のAndroid 5.0へのバージョンアップにつきましてはハードウェアの制限などにより実施いたしません」と説明されているが、Xperiaユーザーはこの説明では納得できないだろう。「制限など」の「など」が何を指すのか、納得できるよう詳しく説明すべきではないだろうか。

オンライン署名サイトで賛同者を募る動きも

 ソーシャル上でも、「どうしてXperia Z1がアップデート対象じゃないのか……」という声を多数見かける。オンライン署名サイト「change.org」では、ドコモとKDDIに向けて、Xperia Z1/Z1 Compact/Z UltraにAndroid 5.0のアップデートを求めるページが立ち上がっており、6月8日19時30分時点で、ドコモ向けキャンペーンには1538人、au向けキャンペーンには135人の賛同者が集まっている。こうした声がドコモとKDDIに届くといいのだが……。

photophoto 「change.org」でXperia Z1やZ UltraのAndroid 5.0バージョンアップを求める声が集まっている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.