ニュース
» 2015年06月30日 14時36分 UPDATE

ブックオフの「スマOFF」、データ容量を1日140Mバイトへ増量

ブックオフがMVNOサービス「スマOFF」のサービスを拡充する。30秒8円のIP電話サービスを「SMARTalk」をプリインストールするほか、データ量を1日70Mバイトから140Mバイトに増量する。

[田中聡,ITmedia]
photo ブックオフの「スマOFF」

 ブックオフコーポレーションが、7月1日からMVNOサービス「スマOFF」を拡充する。

 まず、050番号を利用したIP電話アプリ「SMARTalk」を、今後販売するセット端末「Liquid Z200」にプリインストールする。SMARTalkでは、通常の音声通話(30秒20円)よりも安い30秒8円で通話ができる。

 これまでは1日70Mバイトまでだったデータ通信量を、7月1日からは1日140Mバイトに増量する(月換算だと4.2Gバイト)。月額料金は980円(税別)で変わらない。

 スマOFFではこれまで、

  • 月のどのタイミングで契約をしても、31日間は月額料金が無料になる
  • 2年以内の解約時にかかる違約金を撤廃
  • microSIMへの無償交換
  • 動作に問題のない、2008年以降に発売された携帯電話をブックオフで売ると、Liquid Z200が無料になる

 といった施策も実施している。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.