ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブックオフ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブックオフ」に関する情報が集まったページです。

フードロス削減:
ブックオフ、賞味期限が近い“ワケあり”加工食品の販売開始
「ブックオフ」を展開するブックオフコーポレーションは、食品ロス削減に向け、賞味期限が近い加工食品の取り扱いを開始した。(2021/11/11)

もう心さんだ! 寺田心、ブックオフ新CMの“声変わり”した青年ボイスにネットざわつく「低くなってて衝撃」
もう13歳なのか!(2021/8/10)

ブックオフで「本全品20%OFF」キャンペーン開催 公式アプリ利用者を対象に12日から
コミック、文庫本、単行本、絵本など全ての本が対象(新品除く)。(2021/8/10)

ファミコンカセット全1053本を箱・取説付きでコンプリート! 10年がかりで夢をかなえたコレクターに話を聞いた
最後の1本は初代ロックマン。(2021/7/20)

ブックオフの余剰在庫をジモティーで販売 倉庫スペース削減と収益化へ2社が実証
地域情報サイト「ジモティー」がBOOKOFFと提携し、店舗の余剰在庫を特定地域内で販売する実証事業を行う。従来の基準では販売できず倉庫を圧迫していた商品をジモティーで販売し、収益化とともに地域内のリユースを促進する。(2021/7/12)

ブックオフに回数券「ブックチケット」 最大70%オフで本を購入可能
DVDやゲームソフトの割引も。(2021/7/6)

350円から:
ブックオフ、書籍などを割安に購入できる回数券を導入
書籍やゲームソフトなどを割安で購入できる回数券サービスをブックオフが導入した。プランは350〜1980円の4種類。巣ごもり需要を取り込むのが狙いというが、サービスの内容を見ていこう。(2021/7/5)

小売・流通アナリストの視点:
「打倒ヤマダ」のヒントは復調中のブックオフにあり? リユース(中古品売買)業界が生き残るヒント
ヤマダデンキがアウトレット部門へ注力し始める。迎え撃つリユース業界は、コロナ禍でも比較的好調で推移している。中でも、生き残るヒントはブックオフにあるかもしれない。(2021/6/24)

ソフマップとブックオフが協業 リユースやPC・タブレットのサポートサービスで
ブックオフ店舗では7月から「電話&リモート パソコン・タブレット版」の取り扱いスタート。(2021/6/19)

ソフマップ、中古品買い取りアプリ「ラクウル」運営でブックオフと協業 買った物品をBOOKOFFで販売
ビックカメラ傘下のソフマップは中古品買い取りサービス「ラクウル」の運営で「BOOKOFF」を運営するブックオフコーポレーションと業務提携すると発表した。新たにラクウルでミニカーや鉄道模型、フィギュアの買い取りをスタート。買い取った商品をBOOKOFFで販売する仕組みを構築する。(2021/6/18)

ブックオフ、アナログレコード取扱店が1年で9倍に
ブックオフは5月14日、アナログレコードを扱う店舗が2021年4月末時点で150店に達したと発表した。(2021/5/14)

八王子にブックオフなど「○○オフ」がほぼ全部入りの夢の要塞が! 「無限に時間が溶ける」と話題に
6つの「オフ」が1軒に。(2021/4/12)

ブックオフが規格外の生花の販売をスタート 都内6店舗で1本100円
関西地域18店舗で期間限定販売ベントも開催。全国に拡大する予定。(2021/3/25)

小売・流通アナリストの視点:
「洋服の青山」、400人希望退職の衝撃! 窮地のスーツ業界が生き残るには
「洋服の青山」で有名な青山商事が、400人の希望退職を募集すると発表した。コロナ禍によるスーツ離れもあり、窮地のスーツ業界。生き残るためにはどうしていけばよいのか。(2021/2/26)

イオンの家事支援「カジタク」、不要品のメルカリ・ブックオフ出品を指南する新サービス
「カジタク」運営元のアクティアが、不要品の「メルカリ」「ブックオフ」への出品方法をレクチャーする新サービスを開始。作業員が利用者の自宅を訪問し、片付けや仕分けを手伝った後で、出品方法を教える。(2020/12/7)

倒産も過去最少:
「鬼滅の刃」特需で書店市場が4年ぶりに拡大か 帝国データバンク調べ
帝国データバンクによると、新型コロナウイルス感染拡大で自宅で過ごす時間が増えたことや「鬼滅の刃」のヒットで書籍や付録グッズ販売が好調なこともあり、2020年は4年ぶりに市場が拡大する可能性があるという。(2020/11/24)

中古市場で最も大きな課題は「ネットワーク利用制限」 RMJ粟津理事長が提言
中古端末事業者向けに制定した「リユースモバイル事業者認証制度」で、日本テレホン、携帯市場、ソフマップ、ブックオフコーポレーションが認証を受けた。リユースモバイル・ジャパンの粟津理事長は、現在の中古市場で最も大きな課題はネットワーク利用制限だと言う。総務省に対して改善を求めていく。(2020/11/13)

夢に出てきそうだ…… 木村多江、ブックオフCMで寺田心と共演し“狂気の怪演”を披露
「ブックオフに〜本を〜売ってくださ〜いぃぃぃっ……ぁぁぁぁ!」(2020/11/11)

ブックオフが深刻な在庫不足で切実な買い取り企画開始 「『本ねぇじゃん』と言ってたら本当になくなりました」
ブックオフなのに本ねぇじゃん! ……本当にねぇじゃん!?(2020/8/27)

オタクがお互いの部屋を見せあって「どっちがよりキモいか」で勝負しました
オタク部屋対決〜〜!!(2020/5/9)

風呂に落とした本が読める状態に 濡れた本を復活させるライフハックに反響
(2020/4/12)

ブックオフ、「d払い」「メルペイ」「WeChat Pay」「Alipay」を導入
ブックオフは、同社が運営する国内586店舗にバーコード決済サービスd払い、メルペイ、WeChat Pay(ウィチャットペイ)、Alipay(アリペイ)を導入した。すでに、楽天ペイ(アプリ決済)、Origami Pay、PayPay、LINE Payなどを導入済みで、合計8つのサービスを利用できる。(2019/12/13)

ブックオフ、買い取り代金を電子マネーで受け取り可能に LINE Payやドコモ口座などで
ブックオフコーポレーションは、11月20日に買い取り代金を電子マネーで受け取れる「スマホで受取コース」を一部店舗で開始した。決済ブランドは「LINE Pay」「au WALLET プリペイドカード」「Kyash」「ドコモ口座」「ソフトバンクカード」で、2020年3月には対応店舗を拡大する。(2019/11/20)

BOOKOFF、古本買い取り代金の“電子マネー払い”開始 「LINE Pay」など5種に対応
BOOKOFFが、古本などの買い取り代金を電子マネーで支払うサービスを開始。対応する電子マネーは「LINE Pay」など5種。125店舗で始め、2020年3月をめどに対応店舗を拡大する。(2019/11/20)

買取代金を各種電子マネーで受け取り ヤマトがシステム開発、ブックオフが導入
これまで現金支払いが主流だった、法人から個人への支払いに、キャッシュレス手段が加わる。中古品買い取りなどで必要となる、企業から個人への支払いを、さまざまな電子マネーなどで受け取れるサービスを、ヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発が開発した。(2019/11/20)

ブックオフが「宅配ボックス買取サービス」を開始 マンションの宅配ボックスに預けるだけ
全国157棟のマンションが対象です。(2019/11/1)

ブックオフ、24時間申し込める「宅配ボックス買取サービス」開始
ブックオフコーポレーションは、10月28日にマンションの宅配ロッカーを利用した「宅配ボックス買取サービス」を開始。ブックオフオンラインや公式アプリから買い取り申し込み後に「フルタイムロッカー」へ品物を投函(とうかん)すれば買取査定手続きが完了する。(2019/10/31)

ブックオフ572店舗が「楽天ペイ」「Origami Pay」「PayPay」「LINE Pay」導入
ブックオフコーポレーションは、9月9日に国内のブックオフ572店舗へ「楽天ペイ(アプリ決済)」「Origami Pay」「PayPay」「LINE Pay」を導入した。2019年度中には他ブランドのペイメントも順次導入していく予定。(2019/9/9)

「祝儀代を減らす」などの珍解答も:
親友の結婚式が近いのに、金欠で祝儀代がない……こんな時、あなたはどうする?
親友の結婚式が近いのに、どうしても祝儀代を捻出できない場合、人々はどうするのか。債務整理に関する情報Webサイトを運営するグリーンライトが調査した。現実的な回答から珍解答まで、さまざまな意見が集まった。(2018/12/11)

ロケ地探訪:
全てはここから始まった 欅坂46「サイレントマジョリティー」MV撮影地、渋谷でたどる21人の足跡
「サイレントマジョリティー」から『21人の未完成』まで渋谷のロケ地を一挙紹介。(2018/11/12)

かーずSPのインターネット回顧録(番外編):
ブックオフの伝説記事「異世界転生ファンタジー年表」を作った“ラノベ担当ミヤザワさん”とは一体何者なのか
ガチすぎる特集を連発する「ブックオフのミヤザワ」さんとは一体何者?(2018/4/21)

「漫画は今、本来届くべきところに届いていない」 『AIの遺電子』作者が語る、2018年に漫画を描くということ(1)
違法な海賊版サイトの存在、漫画家と出版社の役割の変化、問題視される労働環境――気になること全部、聞いてきました。(2018/4/6)

中古携帯の動向を追う:
日本との違いは? 深センとマニラの中古携帯市場を見てきた
中古携帯市場の中でも“ドン”に君臨している中国深セン。これから中古マーケットが急成長すると予想されているフィリピンマニラ。今回は、これら2カ国の中古携帯マーケットの現状をお伝えします。(2018/1/4)

中古携帯の動向を追う:
急成長を遂げる中古携帯市場 課題は「参入障壁」と「ユーザー心理」
急成長を遂げている日本の中古市場。今後成長する上で鍵を握るのは? 今回は中古携帯市場の現状と課題を掘り下げます。(2017/12/7)

スマホなど買い取り「カウマエニーク」 宅配・持ち込み両対応、「Tポイント」なら金額アップ
家電や携帯電話、ブランド品などの買い取りサービス「カウマエニーク」をヤフーが公開した。買取代金を「Tポイント」で受け取ると、買い取り金額が最大35%分上乗せされる。(2017/11/20)

本以外も売れる:
BOOKOFF初の「買取専門店」が中目黒にオープン
ブックオフコーポレーションが、初の買取専門店「BOOKOFF総合買取窓口 中目黒店」をオープンした。(2017/11/7)

本好きの祭典の光と闇:
「神保町ブックフェスティバル」で出版社が苦悩する「せどり問題」
「神田古本まつり」「神保町ブックフェスティバル」は、本好きが集まる“本好きの祭り”。しかしそんな祭典で、出版社を悩ませている問題がある。それは転売目的で本を購入する「せどり」。現場で何が起こっているのか?(2017/11/4)

小売・流通アナリストの視点:
GMS大量スクラップ時代の風に乗るドン・キホーテ
総合スーパー(GMS)の店舗再生に定評があるドン・キホーテに対し、ユニー・ファミリーマートが業務提携の検討を始めた。なぜドン・キホーテは注目されているのか。その強さの源泉に迫った。(2017/6/28)

関西学院大学 玉田俊平太氏 講演レポート:
やさしく教える「破壊的イノベーション」の基礎
破壊的イノベーションとは何か? 破壊的イノベーターになるにはどうしたらよいか? ダッソー・システムズ主催「3DEXPERIENCE FORUM Japan 2017」の特別講演に登壇した関西学院大学 経営戦略研究科 教授の玉田俊平太氏が「製造業のためのイノベーションの兵法」を分かりやすく解説してくれた。(2017/6/16)

中古携帯の動向を追う:
買い取ってもらった中古携帯、個人情報はどうなる?
「個人情報が心配だから」という理由で、以前の携帯電話を買い取りに出さない人がいます。特にスマホには、より多くの個人情報が保存されているため、なおさら警戒する人が多いといえます。中古業者は、個人情報に対してどのように取り組んでいるのでしょうか。(2017/6/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
拡大する中古市場 経済にとってプラス?
フリマアプリ「メルカリ」の急成長によって、日本の中古市場が大きく変わろうとしている。中古市場の拡大については賛否両論があるが、日本は既に成熟社会となっており、既存のモノを生かしていくことは今後の経済成長にとって重要な概念となるはずだ。(2017/5/31)

スマホってどれだけ進化したの? 2017年に「iPhone 3GS」で生活してみた
果たしてまともに動くのか……?(2017/5/11)

業績回復が目的:
業績不振のブックオフ、社長交代 立て直し図る
ブックオフコーポレーションで社長交代。業績の早期回復を図る。(2017/4/10)

遊戯王カードに大きなルール変更 取引額暴落との噂も、ショップ店員「影響は2割程度のカードだけ」 ブックオフも買い取りを再開
それほど買い取り額に影響は出ないという意見も。(2017/2/20)

赤字は2期連続:
ブックオフ、2期連続で営業赤字に 書籍など販売低調の苦境
ブックオフが16年3月期業績見通しを下方修正。2期連続の営業赤字に。(2017/1/27)

大塚社長巻き返しの一手となるか:
大塚家具、リユース事業に成果あり
大塚家具が11月24日、9月に開始したリユース・アウトレット業態を拡大すると発表。買い替え需要の掘り起こしと、新規層にアピールする。年末に向けての巻き返しの一手になるか。(2016/11/24)

ブックオフコーポレーション、「BOOKOFF」店舗事業増収も営業赤字
ブックオフコーポレーションが11月4日に発表した2017年3月期第2四半期の連結決算は増収営業赤字。リユース店舗事業の売上高は前年を上回った一方で、各事業のコスト増が響いた。(2016/11/4)

「セフィロスの人」漫画家・やしろあずきは何者か 母親とともに黒歴史を掘り起こしてみた
セフィロスとの出会いも明らかに。(2016/9/12)

水曜インタビュー劇場(未来予測公演):
人工知能が未来を予測! 世界初&日本発の新サービスがスゴそう
「AIが未来を予測するようになった」――。このように聞くと、ぎょっとする人もいるかもしれないが、1年先の未来を予測してもらうことで、私たちの働き方が変わりそうなのだ。AIを使った予測マーケティングのサービスを提供している、WACULの大津社長に話を聞いた。(2016/7/20)

“アンソロ事故”も:
「プールで腐女子をカミングアウト」 声オタ・夢女子さんにオタクの目覚めを聞く
あなたはなぜオタクになったの? 声オタさんと夢女子さんに聞きました。(2016/6/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。