ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「違約金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「違約金」に関する情報が集まったページです。

nuroモバイル新プラン、音声通話付きで月額792円から提供
ソニーネットワークコミュニケーションズは4月1日、nuroモバイルにおいて新プラン「バリュープラス」の提供を開始した。音声通話付きSIMを月額基本料金792円(税込)から提供する。(2021/4/2)

トラブルを防ぐ:
コロナ禍で増えている「オフィスの引越し」、その段取りとチェックリスト
テレワークなどにより社員の出勤が減り、オフィスの引越しが増えています。オフィスの引越しは一大プロジェクトであり、入念な準備と効率的なオペレーションを必要とします。スムーズにオフィスの引越しを成功させる段取りとチェックリストを紹介します。(2021/4/1)

ネット通販で悪質“お試し商法”急増か 背景に巣ごもり需要 消費者庁、規制強化へ
インターネット通販のトラブルに関する消費生活センターへの相談が2020年、過去5年で最多となった。特に増えているのは悪質な「お試し商法」に関する相談。消費者庁は注意を呼び掛けており、特定商取引法の改正などの規制強化に乗り出す構えだ。(2021/3/26)

背景に巣ごもり需要:
悪質「お試し商法」が急増か
インターネット通販のトラブルに関する消費生活センターへの相談が昨年、過去5年で最多となったことが分かった。特に増えているのが……。(2021/3/25)

新生活、見直したい固定費は通信費 一方で「すぐに行動しない」が8割以上
20歳〜59歳の男女を対象に、新生活のタイミングで見直したい家計の固定費に関する調査。(2021/3/17)

ウイングアークが挑む:
オフィスは3分の1に、紙は年間24.8万枚削減──業務フロー改革の軌跡と、残る課題とは?
IT企業のウイングアーク1stは、約1500坪のオフィスの3分の2にあたる約1000坪を撤廃した。並行してペーパーレス化を進め、年間約24万8000枚分、従来の99%相当の紙の削減を実現した。業務フローを見直すことで、単なるペーパーレスだけではなく、時短と工数削減による業務の効率化を実現しているという。コロナ禍において新しい働き方を実現するため、業務フローの再構築をどのように行ったのか、話を聞いた。(2021/3/9)

整形失敗で鼻先が壊死した中国女優「美を求めるのは自然なこと」 「愚かな女」「自分の責任」など心ないコメントに反論
整形トラブルが頻発する現状を危惧。(2021/2/9)

総務省がJ:COM MOBILEを規制対象に追加と発表――実質無料のiPhone SE(第2世代)が他社から突っ込まれたか
KDDIが、電気通信事業法第27条の3などに基づく「特定関係法人」としてジュピターテレコム(J:COM)の子会社と京セラコミュニケーションシステム(KCCS)を届け出ていなかったとして行政指導を受けた。KDDIの法令解釈ミスが原因ではあるが、総務省はより早くツッコめなかったのだろうか……?(2021/1/29)

端末返却不要のプリペイド式モバイル通信「おてがるWi-Fi」提供開始 容量無制限のレンタルも
エクスゲートは、モバイル通信サービス「おてがるWi-Fi」を提供開始。プランには端末の返却不要でデータ通信を買い切るプリペイド式と、利用日数を決め端末をレンタルするレンタル式を用意している。(2021/1/27)

総務大臣がMNOの「特定関係法人」の追加を諮問 J:COM地域子会社などが追加予定 KDDIには「行政指導」も
総務大臣(総務省)が、電気通信事業法第27条の3に基づく「特定関係法人」として、NTTドコモの関連会社1社とKDDIの関連会社12社を追加する告示案を情報通信行政・郵政行政審議会に諮問した。本件に関連して、総務省はKDDIに対して特定関係法人に該当すべき12社を届け出なかったことに対する行政指導を行った。(2021/1/22)

nuroモバイル、月額3480円の「データ無制限プラン」開始
nuroモバイルが月間のデータ容量の上限がない「データ無制限プラン(S)」の提供を始めた。月額料金は3480円。(2021/1/18)

nuroモバイルから月額3480円の「データ無制限プラン」 データ専用、3日間の通信制限はあり
ソニーネットワークコミュニケーションズが1月18日、「nuroモバイル」のソフトバンク回線で「データ無制限プラン(S)」の提供を開始した。月間のデータ容量に制限は設けていないが、直近に3日間の累計データ通信量が10GBを超えると、通信速度を制限する場合がある。モバイルWi-Fiルーター「+F FS030W」をセットで契約すると、24カ月間、月額2855円で利用できる。(2021/1/18)

住宅ビジネスフェア2020:
コロナ禍で新築と中古の住宅市場は低迷するも、リフォームのニーズは増加
LIFULL HOME'S総研は、コロナ禍における新築住宅と中古物件の市場動向を調査した。結果、新築と中古の住宅市場ともに、売上が低迷していることを明らかにした。一方、新型コロナウイルス感染症の影響で、住み替えしにくい状況から、居住性と機能性を向上する改修ニーズは高まっており、リフォームを検討するユーザーが増加していることも判明した。(2021/1/7)

消費者庁が携帯料金プランで注意喚起 適切なプラン・事業者の選択を呼びかけ
消費者庁が、携帯電話の料金プランに関して注意喚起。サービス品質や乗り換え手続きを誤解しないよう、適切な事業者や料金プランを選ぶよう呼び掛けている。(2020/12/10)

「自分に合った料金プランになっていますか?」 消費者庁、携帯料金の払いすぎに注意喚起
消費者庁が、利用状況に合った携帯電話の料金プランを選べていないユーザーが多いとして注意喚起を行った。普段のデータ使用量を把握し、利用状況に応じて通信キャリアのサブブランドやMVNOに乗り換えるよう呼びかけている。(2020/12/9)

渡部建、“謝罪が先か復帰が先か”を詰められ滝のような汗 放送前の番組出演は「自分の口からは言えない」の一点張り
騒動から半年、報道陣の前で頭を下げました。(2020/12/3)

大手キャリアは国民に誠意を見せるべき――メインブランドの携帯料金を巡り武田総務大臣が熱弁
11月27日、武田良太総務大臣が定例の記者会見を行った。この場で、改めてメインブランドにおける携帯電話料金について資料を交えて熱弁した。その模様を、解説を交えつつ紹介する。【記事リンク追加】(2020/11/27)

トーンモバイル、自撮り被害を防ぐスマホ「TONE e20」を無料配布
ドリーム・トレイン・インターネットが、MVNOサービス「トーンモバイル」で提供しているスマートフォン「TONE e20」を無料で配布する。期間は2020年11月27日から2021年1月31日まで。TONE e20は、カメラで撮影した不適切画像の保存を防ぐ機能を搭載している。(2020/11/27)

ベンチャーで広がる「都心離れ」 テレワーク契機、移転支援サービス相次ぐ
新型コロナの影響でテレワークの導入が進む中、コスト削減のためにオフィスの移転や縮小に動くベンチャー企業が増えている。東京都心ではオフィスの空室率が上昇。賃料も6年8カ月ぶりに下落するなど影響が出ている。(2020/11/2)

テレワーク導入でオフィス移転 コロナにめど立てば都市部回帰も
新型コロナウイルスの感染拡大を機にテレワークの導入が相次ぐ中、ベンチャー企業などがオフィスの移転や縮小に動き出している。2023年には都心でオフィスビルの再開発が完成する予定で、感染拡大が落ち着けばオフィス需要が回復するとの見方もある。(2020/10/28)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(30):
CMMIレベル5の会社はバグゼロで開発できるか? ―― CMMIの落とし穴(その1)
今回は、CMMIを正しく理解し、有効に活用する方法を解説します。(2020/8/31)

最初の1カ月は無料! Uber Eats、配送手数料が月額980円になる「Uber Eatsパス」をスタート
たくさん利用する人は入ったほうが良さそう。(2020/8/6)

データ容量を複数人で分け合える「トビタツwifi」、法人向けに提供開始
ベンチャープロパティは、6月25日に「トビタツwifi」を提供開始。回線容量を複数人で分け合えるため、管理の手間も簡素化できる。条件を満たすと初月の通信料金を100GBまでプレゼントするキャンペーンも行う。(2020/6/26)

東京都の「感染拡大防止協力金」申請受け付け開始 申請に必要なものは?
専門家による事前チェックを呼び掛けています。(2020/4/22)

月間データ容量300GBのクラウドSIM搭載「まるっとWi-Fi」提供開始
ラストワンマイルは、4月13日にクラウドSIMを搭載したモバイルWi-Fiルーターレンタルサービス「まるっとWi-Fi」を提供開始。月のデータ容量は300GBで、海外やトリプルキャリアネットワークに対応する。(2020/4/14)

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」は魅力的? MMDが調査
MMD研究所は、4月3日に「MNO楽天モバイルの発表プランに関する意識調査」の結果を発表。新プラン「Rakuten UN-LIMIT」を魅力的に感じる人は46.9%で、半年以内に「乗り換えを検討者している」人の6割以上が魅力的に感じていることが分かった。(2020/4/3)

連載・あなたの会社は大丈夫? 求職者に「ブラック企業」と思われないために:
「経営者目線」より「第三者目線」を ブラック企業とみなされる5つのチェックポイント
内部からは気付きづらい「ブラック企業」の特徴をご存じだろうか。働いていると「当たり前」と感じているものでも、外部から見たら“真っ黒”という会社も中には存在する。あなたの会社は大丈夫? ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説。ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/3/31)

コンビニオーナー“大反乱”の真相:
好調ワークマン、コンビニと一線画す「秘密のフランチャイズ」戦略に迫る
コンビニ業界で限界が指摘される「フランチャイズ」方式。他の小売り業界では果たしてどうか。作業服大手のワークマンのケースを探る。(2020/3/25)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
テレワークや新生活に 固定ネット回線代わりに使えるモバイル通信サービス
最近、テレワークに注目が集まっています。その中で、自宅のネット回線を検討する人も増えていると思います。固定回線代わりにモバイル通信サービスを使うのは、どうなのでしょうか?(2020/3/15)

5G国際シンポジウム2020:
5Gの課題は「ビジネスモデル」と「端末価格」にあり 4キャリアがディスカッション
2020年春の商用サービス開始を控えた5G。ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4社が、5Gのサービスや課題について議論。5Gの課題はビジネスモデルの確立、周波数の性質、端末の価格にあるという。(2020/2/26)

どこが安い? 「月額3000円台でデータ使い放題」のモバイルWi-Fiサービスまとめ
国内でネット使い放題をうたうモバイルWi-Fiサービスが多数登場している。ただ、料金やサービス設計がパッと見で似ており、どの会社のサービスを選べばいいのか、よく分からない人も多いだろう。そこで、使い放題をうたう、主要なモバイルWi-Fiサービスを紹介する。(2020/2/23)

月額基本料0円からの「0 SIM」が8月31日でサービス終了 移行手続きしない場合は自動解約に
ソニーモバイルコミュニケーションズ(旧ソネット)が提供していた「0 SIM」が、サービスを終了することになった。同社の「nuroモバイル」への移行手続きを行わない場合は、9月1日から順次、自動解約となる。(2020/2/18)

「UQ mobile」と「Y!mobile」どちらを選ぶ? 違いを整理する(2020年春版)
大手キャリアのサブブランドとして「UQ mobile」と「Y!mobile」のどちらを選ぶべきか、悩んでいる人も多いだろう。料金、データ容量、学割を中心に比較する。データを繰り越したければUQ mobile、通話をよくする人はY!mobileがオススメだ。(2020/2/15)

石野純也のMobile Eye:
改正法施行後も“トリプルブランド”で乗り切ったソフトバンク 5Gの戦略は?
2019年10月から電気通信事業法が改正され、端末購入補助の上限が2万円に制限された。この競争環境の変化を、ソフトバンクは「トリプルブランド戦略」で乗り切ったという。5Gサービスでは4Gの周波数を5Gに転用する技術も駆使しながらエリアを構築していく。(2020/2/8)

サービス提供者に犠牲を強いる「おもてなし」というブラック労働の素
新型肺炎が猛威を振るう中でも、サービス業は接客しなければならない。「サービス業で、マスクをするのは失礼」と感じている人も多いかもしれないが、本当にそうなのか。「おもてなし」の心は、ブラック労働につながっているかも……。(2020/1/31)

東京メトロがスマホ充電器レンタルサービス「ChargeSPOT」導入 有楽町駅から順次拡大
東京メトロがスマホ充電器レンタルサービス「ChargeSPOT」を駅構内に導入する。2月6日から有楽町線の有楽町駅に設置することを皮切りに、順次設置駅を拡大する予定だ。(2020/1/30)

新春対談/北俊一氏×クロサカタツヤ氏(後編):解約金1000円の謎、楽天モバイルやMVNOの行方は?
2019年10月に施行された改正電気通信事業法によって、モバイル業界のルールが大きく変わった。北俊一氏とクロサカタツヤ氏の対談後編では、解約金1000円やMVNOについて語っていただいた。解約金はなぜ突如1000円に決まったのか? 分離プランが主流になることで、MVNOにはどんな影響があるのだろうか?(2020/1/21)

新春対談/北俊一氏×クロサカタツヤ氏(前編):「分離プラン」と「端末値引きの規制」は正しい施策なのか?
2019年は改正電気通信事業法(改正法)が施行され、モバイル業界でさまざまな動きがあった。2020年に5Gサービスが始まる中で、分離プランを軸としたルールは、本当にユーザー目線で考えられたものなのか。有識者として総務省での議論にも参加していた、北俊一氏とクロサカタツヤ氏に語っていただいた。(2020/1/10)

石野純也のMobile Eye:
公約を果たしたドコモ、果たせなかった楽天/スマホは二極化が進む――2019年のモバイル業界を振り返る
改めて振り返ってみると、2019年は携帯電話の「料金」や、スマートフォンの「端末代」に大きな注目が集まった。ドコモは公約通りに分離プランを提供したが、楽天モバイルの公約は果たされなかった。分離プランの拡大に伴い、端末の価格は見かけ上、高額化するようになった。(2019/12/28)

折りたたみ、中国メーカーの躍進、5G──2020年のスマートフォンはどうなる? 19年の業界トレンドまとめ
2020年には次世代通信規格「5G」の商用サービス開始を控えており、ハイエンドスマホの動向も気になるところ。今年のスマホトレンドを振り返りながら2020年を展望する。(2019/12/24)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(最終回):
1億2000万円を着服しようとしたのは誰だ!――仁義なき戦い 大連謀略編
オンラインショップ開発頓挫の裏には、経営陣の覇権争いがあった! 老舗スーパーマーケットチェーンを舞台にした、システムと人間のトラブル模様を描く「コンサルは見た! Season4」、いよいよ全ての謎が解き明かされる――。(2019/12/19)

MVNOに聞く:
「OCN モバイル ONE」新料金プランの狙いを聞く C向けeSIMサービスも検討中
NTTコミュニケーションズが、「OCN モバイル ONE」の料金プランを一新した。かつてはMVNOでシェアトップを誇っていたOCN モバイル ONEだが、ここ数年は「4位」が定位置になりつつあった。「シェア1位の奪還」を目指す同社に、新プランの狙いを聞いた。(2019/12/6)

フリマアプリでの中古スマホ流通にも基準を セット販売による値引きも警戒――総務省の研究会
総務省が12月2日に有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の第21回会合を開催。中古端末の流通に関して、新たにネットオークションやフリマアプリなどでの取引に関する問題点が指摘された。携帯電話の料金に関する今後の取り組みの方向性に関する議論も行われた。(2019/12/3)

石野純也のMobile Eye:
新生「OCN モバイル ONE」は格安SIMのシェア1位を奪還できるのか?
「OCN モバイル ONE」が11月20日に料金プランを刷新。通信品質の改善も図る。一時はMVNOのトップシェアを誇っていたOCN モバイル ONEだが、競争の激化に伴い、シェアを徐々に失っていた。ライバルのUQ mobileやIIJmioに勝てる見込みは?(2019/11/23)

「OCN モバイル ONE」が月額980円〜の新料金プラン発表 “業界トップ返り咲き”を狙う
NTTコミュニケーションズが、「OCN モバイル ONE」向けの新料金プランを発表。光回線とのセットによる割引きにより、音声対応SIMで月額980円から利用できる。200kbpsの低速でも快適に利用できるよう、ネットワークの品質改善も行う。(2019/11/20)

石野純也のMobile Eye:
分離プランや改正法の影響は? ドコモとKDDIの決算を振り返る
NTTドコモとKDDIは、2019年度上期の決算説明会を開催した。ドコモは前年同期比で減収減益。KDDIは増収減益だが、2四半期単独の営業収益は増収に転じた。ドコモは分離プランを2019年6月に導入したのに対し、KDDIは先行して分離プランへのシフトを進めていたことで結果が分かれた。(2019/11/2)

KDDI、月額1000円からのタブレット向け新プラン 「2年契約N」対象、違約金は1000円に
KDDIが4G LTEタブレット向けの新料金プランを11月1日から提供すると発表。「タブレットデータシェアプラン」「タブレットプラン20」の2種類。2年定期契約を途中解約した場合の契約解除料を1000円に抑えた「2年契約N」を適用できる。(2019/10/28)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
UQがWiMAX 2+でも「分離プラン」導入 旧プランと比べて安い? 高い?
WiMAX 2+を提供するMNOとして、10月に施行された改正電気通信事業法と関連法令の規制対象となったUQコミュニケーションズ。その規制に対応した新しい「ギガ放題」プランは、旧プランと比べて“おトク”になったのでしょうか。検証してみましょう。【訂正】(2019/10/24)

MVNOに聞く:
改正法の影響は? ビッグローブ有泉健社長に聞く「BIGLOBEモバイル」の今後
ビッグローブがMVNOサービスを「BIGLOBEモバイル」に一新し、“SIM替え”を打ち出してから2年がたった。一方で同社は100万契約未満のMVNOながら、10月1日に施行した改正・電気通信事業法の影響を受け、端末割引や長期契約の違約金などの制限が適用される。この状況に対し、同社はどのような手を打っていくのか。(2019/10/15)

MVNOに聞く:
改正法の規制対象になる「mineo」 分離プラン時代に仕掛ける次の一手とは?
10月1日に施行された改正電気通信事業法では、mineoも規制対象になる。同社は最低利用期間を撤廃した他、長期利用特典も停止し、年度末までに新たな制度を検討するという。10月以降、どのような戦略でサービスを強化していくのか。(2019/10/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。