ニュース
» 2015年08月07日 11時35分 UPDATE

調査リポート:Android端末は2万4093種類、メーカー別首位のSamsungはシェア減──OpenSignal調べ

Android端末のフラグメンテーションに関する調査を例年発表している英OpenSignalによると、2015年8月時点でAndroid端末を販売しているメーカーは1294社あり、2万4093種類の端末があるという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 英モバイルアプリメーカーOpenSignalは8月5日(現地時間)、Androidのフラグメンテーション(断片化)に関する最新調査結果を発表した。

 この調査は、同社のアプリ「OpenSignal」をダウンロードした世界の68万2000台のAndroid端末のデータに基づくもの。

 これによると、現在使われているAndroid端末の種類は前年より28%増え、2万4093モデルになった。機種別で最も多かったのは韓国Samsung Electronicsの「Galaxy S III」、次もSamsungの「Galaxy S4」だった。

 opensignal 1 機種別シェア画像。オリジナルではカーソルを合わせるとモデル名が表示される(資料:OpenSignal)

 メーカー別シェアでもSamsungが首位をキープした。Samsungは、OpenSignalが調査を公開するようになった4年前から首位を保っている。だが、シェアは前年の43%から5.2ポイント減らし、37.8%だった。この調査によると、1294社がAndroid端末を販売しているという。

 opensignal 2 メーカー別シェア画像(資料:OpenSignal)

 開発者にとって気になるAndroidのバージョンのフラグメンテーションは、米AppleのiOSと比較すると激しく、最新OSのシェアはまだ18.1%だ。

 opensignal 3 iOSとAndroidのOSフラグメンテーション(資料:OpenSignal)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.