ニュース
» 2015年08月11日 20時52分 UPDATE

高速バスの繋がりやすさ・通信速度を国内3大キャリアで比較

リーディアは、大阪〜東京間の高速バスで3キャリアの繋がりやすさと通信速度を実測調査した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リーディアは、高速バスでの繋がりやすさ・通信速度の調査を実施。8月11日に結果を発表した。

 調査は、大阪・梅田駅からJRプレミアム昼特急12号に乗車し、東京駅までにかかった8時間41分間の通信状況をまとめたもの。同社が開発した通信計測アプリを使用し、サーバに60秒間隔で接続して32Mバイトのファイルをダウンロードすることで測定した。端末はNTTドコモ、au、ソフトバンクから販売されているiPhone 6を用い、同時に測定することで同地点での公正な評価を行っている。

Photo 梅田〜東京間における測定結果

 調査の結果、山やトンネルが多い中でも圏外時間が19秒という広いエリア展開をみせたドコモがつながりやすさ1位に。平均ダウンロード速度も15Mbps超えを維持している。

 また通信速度では、東名高速道路・厚木料金所付近で測定中最速となる65.8Mbps、平均ダウンロード速度で16.9Mbpsを記録したソフトバンクが1位。auはLTE在圏率は3社中トップとなったが、新名神高速道路・鈴鹿トンネル付近で長い圏外時間が続いたため、繋がりやすさと通信速度では2社に遅れた。

Photo 平均ダウンロード速度、平均受信レベル、圏外時間比較グラフ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.