ニュース
» 2015年08月24日 11時27分 UPDATE

Androidの画面ロックパターン、左上端からスタートする人が44%も

Googleが提供しているAndroid端末の画面ロックの解除パターンで、9つの点の4点しか使っていないユーザーが最も多く、左上端の点から始めるパターンが44%を占めていたという調査結果を、ノルウェーのセキュリティ研究者が発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoogleがAndroid端末で提供している画面ロックの解除パターンで、ユーザーの77%が4端のいずれかの点からスタートし、44%は左上端からスタートしている──。ノルウェーのセキュリティ研究者がこのような調査結果を発表した。

 lock 1 Androidの画面ロック解除パターン確認画面

 画面ロックの解除パターンは、画面上の9つの点から4つ以上の点を一筆書きでつなげるパターンをあらかじめ設定しておき、そのパターンを入力しないとロック解除できないようにするというもの。Android端末でオプションで追加できる。

 この調査結果は、現在ノルウェーのセキュリティ企業Iteraに勤めるマルテ・ルジェ氏がノルウェー科学技術大学の修士論文として発表したもの。4000人分の解除パターンを分析した結果という。

 解除パターンに使う点の数で最も多かったのは最低数の4で、平均は5だった。4点だと、パターンは1624通りしかないのでやぶられやすい。5点でも7152通りしかない。

 また、同氏が収集した解除パターンの10%以上はアルファベットを模したもので、その多くはユーザーあるいは家族のイニシャルと同じだったという。これも攻撃者にとって推測しやすい。

 lock 2 イニシャルのアルファベットを使う解除パターン(資料:Marte Loge氏)

 ルジェ氏は、解除パターンをよりセキュアにするためのアドバイスとして、なるべく多い点を使うこと、より複雑なパターンにすること、交差させるパターンを含めること(背後から盗み見られた場合に分かりにくいので)、Android設定で「パターンを表示する」をオフにしておくことを勧めている。

 次期Android「Android 6.0 Marshmallow」ではOSとして指紋認証をサポートする予定だ。

関連キーワード

Android | 調査 | Google | Android 6.0 Marshmallow | 認証


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.