ニュース
» 2015年09月22日 02時05分 UPDATE

「watchOS 2」配信スタート――主な新機能まとめ

配信が延期されていたApple Watch向けの「watchOS 2」の配信が開始された。新しいOSでは何が変わるのか? 主な新機能をチェックしておこう。

[田中聡,ITmedia]

 日本時間で9月22日の2時頃、Apple Watch向けの新OS「watchOS 2」の配信が開始された。watchOS 2は、iOS 9と同じタイミングの9月16日〜17日に配信される予定だったが、バグが見つかったため、延期されていた

 watchOS 2へアップデートするには、Apple WatchがWi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にあり、充電器に接続されており、50%以上充電されている必要がある。アップデートは「Watch」アプリの「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行える。

photo iPhone 6で確認したところ、アップデート用のファイル容量は515Mバイトだった

文字盤で表示できる内容が拡張

 Apple Watchの壁紙として表示される「文字盤」をカスタマイズできる幅が広がった。香港、ロンドン、マック湖、ニューヨーク、上海、パリの世界6カ所で24時間撮影されたタイムラプスの動画を文字盤に設定できる。

photo 世界6都市のタイムラプスを文字盤に設定できる

 Apple Watchの「写真」アプリから、任意の写真を選んで文字盤に表示させることや、Apple Watchを装着している手首を持ち上げるたびに、写真アプリの写真を表示させることも可能になった。Apple Watchの写真アプリで閲覧できる写真は、初期状態はiPhoneの写真アプリの「お気に入り」フォルダになっているが、表示するフォルダはWatchアプリから変更できる。

photo 好きな写真を文字盤に設定できる

 文字盤に表示できる情報(コンプリケーション)も増加し、フライトの時間なども表示可能になる(写真下)。

photo

 Digital Crownを回すと、前日、当日、翌日の天気予報、スケジュール、ニュースなどを時系列で確認できる「タイムトラベル」も追加された。

photo 過去の予定をさかのぼって確認できる「タイムトラベル」

ナイトスタンドモードが利用可能に

 Apple Watchを横向きに置いて充電をすると、横画面のナイトモード表示に切り替わる。ナイトモードでは独自の操作が可能になり、Apple Watchのアラームが鳴ったときにサイドキーを押すとアラームをオフに、Digital Crownを押すとスヌーズにできる。

photo ナイトスタンドモード

Apple Watch上にて単独で動くアプリが増加

 これまで、Apple Watch用アプリのほとんどは、iPhoneと接続したうえで利用する必要があったが、watchOS 2では、ネイティブSDKを使うことで、iPhoneなしの単独で動作するネイティブアプリが開発可能になる。

 また、Taptic Engine、Digital Crown、加速度センサー、心拍センサー、スピーカー、マイクといった機能をアプリが活用できるようになる。

コミュニケーション機能の拡張

 Apple WatchのEメールアプリから、音声入力や絵文字で返信も可能になる。

photo Eメールの機能も拡張

 FaceTimeオーディオでの通話も可能になる。

 iPhoneが近くにないときも、Apple WatchからWi-Fiでの通話が可能になるが、通信事業者の対応が必要。

 サイドキーから閲覧できる「友達」に追加できるメンバーは、これまでは最大12件だったが、watchOS 2では12件のリストを複数作成できるようになる。それぞれのリストには名前も付けられるので、仕事関係、プライベートなどカテゴリーごとに友達を作成できて便利だ。

photo 12件×複数リストが登録可能に

 Apple Watchユーザーあてに手書きのメッセージやハートビートなどを送信できる「Digital Touch」では、複数の色を使った、よりカラフルなイラストを描けるようになる。

photo カラフルなイラストを描ける

マップアプリの拡張

 マップアプリでは、交通機関を表示して、主要都市の路線や、複数の交通手段を交えた経路を確認できる。駅の出発案内情報も表示可能になった。ただし日本では、徒歩と車の経路は確認できるが、交通機関の案内は対応していない。

Siriが進化

 Apple Watchで利用できるSiriもさらに賢くなり、特定のワークアウトを始める、グランスをチェックする、駅までの道順を知る、辞書で単語を調べるといったことができる。FaceTimeのオーディオ通話とメール返信もSiriから行える。

アクティビティとワークアウトの改善

 Apple以外のアプリで記録した活動量データを、「アクティビティ」のリングに取り込めるほか、アクティビティリング、ワークアウトデータ、目標達成を共有できるようになる。週ごとのデータ表示、アクティビティ通知の終日消音、ワークアウトデータの自動保存も可能になる。

Apple Watchのアクティベーションロックが可能に

 セキュリティの新機能として、アクティベーションロックが追加された。これをオンにすると、アクティベーション(初期設定)するときに、iCloudとApple IDのパスワードの入力が必要になるので、Apple Watchを紛失したときも、第三者がApple Watchの情報を見られなくなる。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.