レビュー
» 2015年11月25日 13時17分 UPDATE

エナメルコーティングが汚れにも強い! 「OUTDOOR」コラボのカジュアルiPhoneケースを使ってみた

「OUTDOOR Diary for iPhone6s/6」は、「OUTDOOR PRODUCTS」とコラボレーションしたビビッドカラーが印象的なiPhoneケース。エナメルコーティグ生地が派手な印象だが、汚れに強いという利点があった。

[房野麻子,ITmedia]

 スマートフォンを傷や落下時の衝撃から守り、自分らしさを表現するファッションアイテムにもなるスマホケース。スマホ全体を覆えて安心の手帳型ケースが、あいかわらず人気だ。

「OUTDOOR Diary for iPhone6s/6」 「OUTDOOR Diary for iPhone6s/6」のカラーバリエーションは9色。左上段からWhitexBlack、BlackxWhite、BluexYellow、YellowxBlue、GreenxYellow、RedxWhite、AquaxRed、PinkxAqua、NavyxPink

 本革製は高級感がありビジネスシーンにしっくりくるが、ファブリック素材のカジュアルさも捨てがたい。多種多様なデザイン、カラーで多くの製品が販売されているので、選びがいがあり、価格が抑えめなので、古びてきたら比較的抵抗なく買い換えられるのもいいところだ。

 スマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」で販売されている「OUTDOOR Diary for iPhone6s/6」も、そんなカジュアルなファブリック素材の手帳型iPhoneケース。シンプルで耐久性に優れたリュックサックやバッグで定評のある「OUTDOOR PRODUCTS」とコラボレーションした製品で、男女問わず持てるシンプルなデザインだ。ケースの正面に縫い付けられている、おなじみのブランドロゴワッペンに、見覚えのある人も多いだろう。

エナメルコーティングで汚れに強い

 鮮やかなカラーリングが印象的なOUTDOOR Diary for iPhone6s/6。手帳の背部分に当たるところに別カラーを使ったツートーンカラーで、9つのカラーバリエーションが用意されている。ホワイトとブラック、レッドとホワイトなど定番カラーの組み合わせはもちろん、ビンクとブルー、イエローとブルーなど派手な組み合わせもあり、若々しくスポーティな印象のあるOUTDOOR PRODUCTSらしい配色が楽しめる。

「OUTDOOR Diary for iPhone6s/6」 エナメルコーティングされたナイロン地。生地の織り目が見えるのでエナメルでもカジュアル感がある。フラップはマグネットでしっかり閉じる

 本体はナイロン生地にエナメルコーティングが施されている。筆者はエナメル素材に若干抵抗感を感じてしまうのが、この製品の定番色を選ぶと比較的落ち着いた印象になり、違和感なく持てると感じた。なによりも、軽く水滴が付いたくらいならサッと拭き取れて跡が残らず、汚れに強いのが頼もしかったポイントだ。

「OUTDOOR Diary for iPhone6s/6」 OUTDOOR PRODUCTSのロゴワッペンがポイント

スウェード地の内側にもちろんポケット

 ツヤツヤの外側とは対照的に、内側はしっとりしたスウェード生地を採用している。ツルツルとしっとりのコントラストが楽しく、通話で折り返して持つときに手触りがいい。型押しされたロゴも施され、細部まで手を抜いていない感が好印象だ。もちろん、カードポケット付きで、ICカード定期券などを入れておサイフケータイのように使える。

「OUTDOOR Diary for iPhone6s/6」 内側は手触りのいいスウェード生地。ロゴが型押しされている。

 背の上下にはストラップホールが開けられている。ストラップホールの位置を好みで選べるのは、なかなかうれしい。また、ハトメの金具もアウトドア用品らしさが感じられて新鮮だ。

「OUTDOOR Diary for iPhone6s/6」 2カ所に開けられたストラップホール

 ポリカーボネートのインナーケースにiPhoneをはめ込んで使うタイプだが、電源や音量キー、端子部は大きくカットされていて、使いにくさは感じなかった。底面部はほとんどカットされているが、がっちりとiPhoneをホールドしており、落ちる心配はない。一方で、ポリカーボネートのケースは外すのに苦労することがある。以前使った同タイプのケースも、インナーケースにしっかりはまりすぎて、iPhoneを取り外すのに指の爪を痛めそうになったことがあった。しかし、このインナーケースは、しっかりはまってはいるが、底面の端子部分が大きくカットされているので、外すときにはあまり苦労なく外れた。ネイルをしている女性でも簡単に外せそうだ。

「OUTDOOR Diary for iPhone6s/6」 インナーケースにiPhoneをはめ込んで使う
「OUTDOOR Diary for iPhone6s/6」 端子部分は大きくカットされており、操作を邪魔しない。外すときもそれほど苦労せず取り外せる。

 ユニセックスでカジュアルなOUTDOOR Diary for iPhone6s/6は、エナメルコーティングなので汚れにくく、アクティブな人にぴったりなケースだ。価格は4000円(税別)とお手頃。カラーバリエーションが豊富なので、ぜひ好みのカラーを見つけてほしい。なお、数量限定販売のため、売り切れには要注意だ。

「OUTDOOR Diary for iPhone6s/6」 エナメルのスポーツバッグを思い起こさせるカジュアルなiPhoneケース。多少の水や汚れはすぐに拭けば取れるので、安心して使うことができた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.