ニュース
» 2015年12月01日 18時15分 UPDATE

ドコモ、「AQUOS Compact SH-02H」を12月4日に発売 実質価格は3万円台半ば

NTTドコモは、「AQUOS Compact SH-02H」を12月4日に発売する。月々サポート込みの実質価格3万円台半ばとなる。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは12月4日、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS Compact SH-02H」を発売する。ドコモオンラインショップでの一括販売価格は7万9704円(税込)で、「月々サポート」を24カ月適用した場合の実質価格は3万円台半ばとなる。

AQUOS Compact SH-02H AQUOS Compact SH-02H

 ディスプレイは、フルHD(1080×1920ピクセル)解像度の4.7型IGZO液晶を採用している。このIGZO液晶は、従来比で2倍のリフレッシュレート(※)に対応する新型で、動きが激しい映像の残像感を軽減している。

リフレッシュレート:1秒あたり画面を何回リフレッシュ(書き換え)できるかを示した数値で、単位は「Hz(ヘルツ)」。SH-02Hに搭載した新IGZO液晶の最大リフレッシュレートは120Hz

 ボディは、シャープ製スマホではお馴染みの3辺狭額縁の「EDGESTデザイン」を採用し、横幅を約66ミリに抑えることで片手に収まるサイズ感を実現している。ている。ボディカラーは側面と背面で異なる「バイカラーデザイン」を採用し、Yellow×Silver(側面×背面、以下同)とBlue×Blackの2パターンを用意する。また、背面に貼る「ニュアンスシート」(各パターンで2枚の試供品を同梱)を使うと、背面パネルと壁紙に一体感を持たせることができる。

 メインカメラは有効約1310万画素のCMOSセンサーを採用する。メインカメラは、リコーイメージングの高級コンパクトデジタルカメラ「GR」の開発メンバーによる認証プログラム「GR certified」を取得しており、自然で鮮鋭度の高い写真を撮影できるという。インカメラは有効約500万画素のCMOSセンサーを採用し、広角レンズとワンタッチセルフタイマーで「自撮り」の充実も図っている。

 モバイル通信では、ドコモのLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」には対応せず、通常のLTE(下り最大150Mbps)に対応する。生体認証機能や赤外線通信は搭載しないが、おサイフケータイ、NFCやワンセグには対応している。

「AQUOS Compact SH-02H」の主な仕様
機種名 AQUOS Compact SH-02H
メーカー シャープ
OS Android 5.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 808(MSM8992)/1.8GHzデュアルコア+1.4GHzクアッドコア
メインメモリ 3Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSDXC(200Gバイト)
ディスプレイ 約4.7型フルHD IGZO液晶
解像度 1080×1920ピクセル
連続通話時間 LTE:約1150分、3G:約820分、GSM:約710分
連続待受時間 LTEL約460時間、3G:約510時間、GSM:約390時間
バッテリー容量 2810mAh(取り外し不可)
メインカメラ 有効約1310万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディカラー Yellow×Silver、Blue×Black
サイズ 約66(幅)×126(高さ)×8.9(奥行き)ミリ
重量 約120グラム
発売日 2015年12月4日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.