ニュース
» 2015年12月16日 18時08分 UPDATE

mineo、余ったパケットを他のユーザーとシェアする「フリータンク」機能の提供を開始

ケイ・オプティコムのMVNOサービス「mineo」が、余ったパケットを全国のユーザーで共有できる「フリータンク」機能の提供を開始する。コミュニティーサイト「マイネ王」利用者が対象。

[板東太郎,ITmedia]

 ケイ・オプティコムは、12月17日からMVNOサービス「mineo」で全国のmineoユーザーとパケットを共有できる「フリータンク」機能の提供を開始する。対象となるのは、mineoが運営するユーザー向けコミュニティーサイト「マイネ王」利用者。

 フリータンクは、月々に利用可能なパケット量の余った分を入れることができるスペースで、同機能を利用する全ユーザーで共有する。余ったパケットをフリータンクに入れて他のユーザーに提供したり、パケットが足りないときに他のユーザーが提供するパケットを引き出したりする形で利用できる。パケットの提供は月に合計10GBまで可能で、時期や回数の制限はない。引き出す場合は、月に2回、合計1GBまで利用できる。引き出し可能期間は、毎月21日から末日まで。

 さらにマイネ王において他のユーザーの投稿やコメントで気に入ったものに対して、10MB分のパケットをプレゼントできる「チップ」機能も追加。パケットの残容量の範囲内であれば、無制限で自分のパケットを他のユーザーに提供できる。

mineo リニューアルオープンする「mineoアンテナショップ」

 また同日、グランフロント大阪内の「mineoアンテナショップ」がリニューアルオープンする。オープン後からは、店頭で新規申し込みから、SIMの受け取り、mineo端末の同時購入までが行える即日契約のサービスも開始。MNPでの転入にも対応する。なお、即日契約の受付は18時までとなる。

 同じく12月17日に、同社が提供するデータ容量節約アプリ「mineoスイッチ」のアップデートも実施。Android端末で、アプリを立ち上げずにパケット使用状況の確認が可能なウィジェット機能を追加する。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.