ニュース
» 2016年01月21日 11時43分 UPDATE

調査レポート:Google Playのダウンロード数がApp Storeの2倍に(収益はApp Storeが上)──App Annie調べ

App Annieが、2015年のアプリストアに関する調査結果を発表した。アプリダウンロード数はGoogle PlayがApp Storeの2倍になったが、収益ではAppleがGoogle Playを大きく引き離した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米アプリ調査会社App Annieは1月20日(現地時間)、2015年通年のアプリストアのダウンロードと収益に関する調査報告「2015 Retrospective」を公開したと発表した。

 annie 0 App StoreとGoogle Playのダウンロード総数(左)と収益(右)の推移(資料:App Annie)

 ダウンロード数は、米GoogleのGoogle Playが米AppleのApp Storeの2倍の約2億件だった。新興国市場で新規にAndroid端末を購入したユーザーによるダウンロードが貢献したという。ブラジル、インド、インドネシア、トルコ、メキシコからのダウンロードが前年からの成長分の半分を占めた。

 annie 1

 だが、収益でみると、App StoreがGoogle Playを70%以上上回り、前年比で約90%増だった。中国、米国、日本からの購入(アプリ内購入を含む)が多かった。App Storeでは中国からのダウンロードが米国を上回ったが、収益では米国が首位を守った。

 annie 2

 2つのアプリストアをまとめたアプリのランキングも発表した。アプリダウンロード件数のトップ3は、「WhatsApp」「Facebookメッセンジャー」「Facebook」と、米Facebookのアプリが独占した。ゲームダウンロードのトップ3は「Subway Surfers」「Candy Crush Saga」「Clash of Clans」だった。アプリ収益は「Spotify」「LINE」「Pandora Radio」、ゲーム収益は「Clash of Clans」「Monster Strike」「Puzzle & Dragons」。

 レポートはこちらからダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.