ニュース
» 2016年02月05日 14時05分 UPDATE

ドコモ「N-01H」は2月17日発売 下り300Mbpsの最速モバイルWi-Fiルーター、価格は実質0円

下り最大300Mbpsの「PREMIUM 4G」(LTE-Advanced)に対応したモバイルWi-Fiルーター。実質価格は0円。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは、下り最大300Mbpsの「PREMIUM 4G」(LTE-Advanced)サービスに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01H」を2月17日に発売する。

「Wi-Fi STATION N-01H」 「Wi-Fi STATION N-01H」

 ドコモが提供する3つの周波数帯域(Band 1/19/21)を束ねたキャリアアグリゲーション(CA)技術で高速化を実現したモデル。付属の卓上ホルダにはBand 19用のアンテナを内蔵しており、屋内でもより安定した通信が行えるという。

「Wi-Fi STATION N-01H」 アンテナ内蔵の卓上ホルダ

 バッテリー容量は2500mAhで利用時間を伸ばす省電力機能も搭載した。専用アプリを使うことで、N-01H本体を触らずにバッテリー残量や電波状態の確認、休止や復帰、各種設定の操作が行える。ボディカラーはWhiteの1色のみ。

 ドコモオンラインショップでの端末価格は2万1384円(税込)。新規契約、機種変更とも、端末価格と同額の割り引きがあり、2年間利用後の実質負担額は0円になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.