ニュース
» 2016年02月18日 10時36分 UPDATE

イオンがMVNOに――月480円で1GBから、MNP即日対応、解約金&2年縛りなし

イオンリテールがMVNOとなり、2月26日から新たな通信サービスを開始する。プランは月480円で1GB〜の計29種類。店頭での預かり修理や初心者向けのサポートも充実させた。

[田中聡,ITmedia]

 イオンリテールが2月18日、MVNO(仮想移動体通信事業者)となって、26日から「イオンモバイル」の新通信サービスを提供することを発表した。※本稿の価格は全て税別。

イオンモバイル

 料金プランは「データ系プラン」「音声プラン(データ通信+SMS対応)」に加え、音声1枚+データ2枚のSIMカードを利用できる「シェア音声系プラン」の3種類を用意する。

 データ系プランは月480円で1GB〜月50GBで1万3800円(計11種類)、音声系プランは月1180円で500MB〜月1万4800円で50GB(10種類)、シェア音声系プランは月1780円で4GB〜月1万5100円で50GB(計8種類)という、合計29種類のプランを用意する。

イオンモバイル

 サービス開始を記念して、2016年3月31日までに申し込むと、データ2GBプランを月780円から月480円に、音声2GBプランを月1380円から月980円に割り引く(いずれも2017年3月分まで)。また、イオンモバイルのスマートフォン「ARROWS M01」を2万9800円から1万4800円に、モバイルWi-Fiルーター「Aterm MR04LN AB」を2万5920円から1万9800円に割り引く。

イオンモバイル

 ユーザーはスマートフォン+SIM、SIMカードのみ、スマートフォンのみの3パターンから購入できる。解約金や契約期間の縛りは設けない。全国のイオン213店舗ではMNP(モバイル番号ポータビリティ)に対応しており、即日の契約が可能。

 初心者にも配慮し、通信をするのに必要な設定を店頭で行った後に端末を渡すほか、213店舗ではアフターサービスも実施する。イオンモバイルの端末が故障した場合、店頭での預かり修理に対応し、ユーザーには代替機が渡される。販売から1カ月以内に初期不良が発生した場合は、店頭で新品に交換する。

 自然故障や破損した端末を電話1本で新品と交換してくれる補償サービスや、初期設定・使い方を聞ける「電話サポート」、遠隔で利用者のスマホを設定してくれる「遠隔サポート」、マルウェアを検出する「イオンモバイルセキュリティ」をセットにした「イオンモバイル安心パック」を、月額700円で提供する(加入から最大31日間は無料)。別途費用が発生するが、スタッフが自宅に訪問してトラブルを解決してくれる「出張サポート」も導入する。

イオンモバイル

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.