ニュース
» 2016年04月13日 17時41分 UPDATE

スマホの月額料金6000円以上は60%、4000円以下は15%――既婚女性へのアンケート調査から

ソフトブレーン・フィールドは、既婚女性2472人を対象にスマートフォンに関するアンケート調査を実施。6割弱がスマートフォンを利用し、月額料金が6000円以上のユーザーが60%を超える一方、4000円以下に抑えているユーザーも15%いることが分かった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトブレーン・フィールドは、4月13日にスマートフォンに関するアンケート調査の結果を発表した。

 対象はクレディセゾンとの共同事業「Point of Buy 購買理由データ」のアンケートモニターのうち既婚女性2472人(30代以下19%、40代38%、50代29%、60代以上14%)で、調査日は3月19日。これによると、持っている携帯電話はスマートフォンが56.8%、フィーチャーフォンが38.5%、持っていないが4.7%。年代別に見ると30代以下はスマートフォンが80.3%に対し、40代は59.4%、50代は50.1%、60代以上は31.9%と利用率に差がみられた。

Photo 持っている携帯電話について

 スマートフォン利用者に通話やメール、写真撮影以外の用途を聞いたとこと、1位は「調べ物」、2位は「ネットショッピング」、3位は「ゲーム」に。スマートフォンの月額料金は、2000円以下が4.7%、2001〜4000円以下が10.3%、4001〜6000円が19.6%、6001〜8000円が36.2%、8001〜1万円が18.2%、1万円以上が5.8%となり、6000円以上が60%を超えている一方、格安SIMなどの導入で月額4000円以下に抑えているユーザーも15%となっている。

Photo 通話やメール、写真撮影以外にスマートフォンで行うこと
Photo スマートフォンの月額料金について

 現在使っているスマートフォンの機種変更について聞いたところ、「今の携帯電話を使い続ける」が22.2%、「今のキャリアで機種変更」が55.3%、「他社のスマートフォンに乗り換える」が20.7%、「フィーチャーフォン・PHSに変更」が1.4%、「携帯電話は解約する」が0.6%で、8割近くが現行のキャリアを維持すると答えた。

Photo スマートフォンの機種変更について

 キャリアを維持する理由は、メールアドレスの変更や使い方を新しく覚え直すことなどが「面倒」というユーザーが多く、月額料金が4000円以下のユーザーはキャリアとMVNOの端末2台持ちなど、さまざまな工夫で月額料金を抑えていることが分かった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう