ニュース
» 2016年06月14日 04時45分 UPDATE

2016年秋に配信:「iOS 10」発表――Apple Musicやメッセージの改良など「過去最大のアップデート」

Appleが2016年秋に「iOS 10」を提供する。今回のiOS 10は「過去最大のリリース」とされ、大きく10の主要機能が紹介された。対象機種は「iPhone 5」や「iPad(第4世代)」以降。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが6月13日(現地時間)、米サンフランシスコで開催中の開発者向けカンファレンス「WWDC 2016」にて、iOSデバイス向けの新OS「iOS 10」を発表した。開発者向けには13日、パブリックβは2016年7月、一般ユーザー向けには2016年秋に提供する。

iOS 10 主に10のアプリが大きくアップデートされる「iOS 10」

 対応機種は、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPod touch(第6世代以降)、iPad Pro(12.9型)、iPad Pro(9.7型)、iPad(第4世代)、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4。iOS 9の対象機種だったiPhone 4s、iPad 2、iPad(第3世代)、iPad mini、iPod touch(第5世代)は、iOS 10では対象外となった。なおキーノートの紹介では含まれなかったiPad 2、iPad(第3世代)、iPad mini、iPod touch(第5世代)が、AppleのサイトではiOS 10の対象機種となっていたが、修正された(10:40:修正された件を追記)。

iOS 10 キーノートで発表されたiOS 10の対象機種

 今回のiOS 10は「過去最大のリリース」とされ、大きく10の主要機能が紹介された。

※一部詳細を加筆修正し、画像を追加しました(6/14 6:30)

ロック画面の使い勝手が向上&3D Touchの機能拡張

 ロック画面のデザインが一新され、ロック画面に表示されたカレンダーやメッセージの通知を押し込むと、3D Touch機能によって詳細な情報を確認できる。ロック画面上で写真や動画を見たり、「メッセージ」アプリにアクセスして返信をしたりと、ロックを解除せずに「できること」が増えた。

 iPhoneを手に取るだけで画面が点灯するほか、カメラは横方向へスワイプするだけで起動するようになった。

iOS 10iOS 10 ロック画面のデザインを変更。カメラアイコンも小さくなり、横方向(恐らく左)へスワイプして起動する形に(写真=左)。ロック画面上でメッセージの返信ができる(写真=右)

 ホーム画面上で利用できる3D Touchは、これまではアプリアイコンを押し込んで機能のショートカットを表示するだけだったが、iOS 10では“情報”の表示も可能になる。例えば、「天気」アイコンを押し込んで天気予報を表示させたり、「カレンダー」アイコンを押し込んで予定を表示させたりできる。また、3D Touch経由で表示させた情報(天気予報など)は、ウィジェットに追加することもできる。

iOS 10 3D Touchの押し込む操作で、各アプリの詳細情報が表示されるようになった。こちらは「天気」アプリ

Siriとアプリの連携が可能に

 Siriの機能も拡張し、サードパーティー製のアプリでSiriを利用できるようになる。例えば、WeChatアプリで特定ユーザーにメッセージを送ったり、タクシー配車アプリ「Lyft」でSiri経由で配車をお願いしたりできる。

iOS 10 WeChatアプリでSiriを利用できる

文脈に合った情報を候補に表示

 「Quick Type」では、文字入力をする際に、より賢く入力候補を提案してくれる。例えば「どこにいるの?」という質問が来たら、現在地を候補に出す、「Aさんの電話番号は……」と打つと、Aさんの電話番号を候補に出す、「今は空いているよ」と打つと、カレンダーから空いている時間を提案してくれる、といった具合だ。日本語が対応しているかは不明。また、キーボードを切り替えず、2つの言語を同時に入力することも可能になる。

iOS 10 予測変換機能の進化ポイント

人物やイベントごとに写真を分類

 写真アプリでは、顔認識によって人物ごとに写真を分類できるほか、「週末のハイキング」「1歳の誕生日」など特定のイベントごとに分類する「Memories」という項目を用意。このMemoriesでは、写真をスライドショー+音楽付きで再生することも可能。従来の時系列の表示だと、特に古い写真は埋もれてしまうが、イベントごとだと、過去の思い出も容易に振り返ることができるだろう。

 このほか、人物、場所、動物名などから特定の写真を検索することもできる。

iOS 10iOS 10 顔認識によって人物ごとに写真を分類(写真=左)。イベントごとに分類する「Memories」(写真=右)

マップアプリの改良

 マップアプリも改良し、カレンダーに登録した予定から、どこへ行くべきか、どのルートが最も早いかを提案してくれる。この情報は、マップ画面の下部から上方向へスワイプすることで分かる。ほかに、レストランの予約やUberの呼び出しなどが、マップアプリから行える。

iOS 10iOS 10 ユーザーがどこへ行くかを予測してくれる(写真=左)。マップアプリからレストランの予約ができる(写真=右)

Apple Musicで歌詞の表示が可能に

 音楽面では、定額配信サービス「Apple Music」を大きくリニューアルする。UI(ユーザーインタフェース)を簡素化して、直感的で親しみやすい見た目を目指したという。最近更新したライブラリの表示や、再生している曲の歌詞表示にも対応する。

 ユーザーに最適な楽曲リストを提案する「For You」では、新たなアーティストや楽曲を発見できるという「Discovery Mix」や、最近再生した楽曲、日替わりのプレイリストなども設けた。

iOS 10iOS 10 歌詞の表示が可能になった(写真=左)。シンプルなUIに変更された(写真=右)

ニュースアプリの改良

 日本では未対応の「ニュース」アプリもUIを改良。ユーザーに最も合ったニュースを「TOP STORIES」として配信するほか、雑誌の定期購読が可能になる。また、臨時ニュースは通知されるようになる。

iOS 10 「ニュース」アプリの新デザイン

「HomeKit」用の「ホーム」アプリを提供

 iOSデバイスから自宅の家電を操作できる「HomeKit」では、専用の「ホーム」アプリを用意し、複数の家電をまとめて操作できるようになる。ナイトモードにするとカーテンがしまって部屋が暗くなり、Siriに「おはよう」と言うとカーテンが開いて電気がつく、といったシーンごとの設定も可能。エアコン、監視カメラ、ドアホンの操作も可能になるほか、Apple TVと連携し、外出先からお風呂を沸かすといった操作も可能になる。

iOS 10 対応家電を操作する「ホーム」アプリ

留守電の内容をテキストで配信

 電話機能では、留守番電話の内容をSiriがテキストに変換する機能が追加される。また、知らない番号からの電話番号を検出し、迷惑電話を自動認識することも可能になる。これまではアプリ内からしか発信きなかったVoIPアプリの通話も、アドレス帳から発信できるようになる。

iOS 10 留守電のメッセージをテキストで配信

メッセージアプリの拡張

 特に大きく拡張されるのが「メッセージ」アプリだ。URLのプレビュー表示、メッセージ内の動画再生、絵文字の3倍拡大・予測変換、フキダシの効果変更、手書きや全画面効果……などが可能になる。なお、うわさされていたAndroid向けiMessegeアプリについては発表されなかった。

iOS 10iOS 10 フキダシや画面全体にさまざまな効果を加えられる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう