レビュー
» 2016年06月21日 06時00分 UPDATE

ソフトバンクの「iPhone 6s」をSIMロック解除して、格安SIMを使ってみた (1/2)

2015年9月下旬に購入した「iPhone 6s」がSIMロック解除可能になったので、ドコモ系格安SIMを使ってみた。解除方法は拍子抜けするほど簡単。テザリングやVoLTEが使えるかも確認した。

[田中聡,ITmedia]

 現在、多くのサービスが登場している「格安SIM」は、NTTドコモのネットワークを使ったものが大半で、au系の格安SIMは「mineo」と「UQ mobile」の2つが主流だ。ドコモ系の格安SIMはドコモ端末、au系の格安SIMはau端末にSIMカードを挿せば、SIMロックを解除せずに利用できる(auのVoLTE端末を除く)が、ソフトバンク端末はそうはいかない。

 現在、コンシューマー向けのソフトバンク系MVNOサービスは存在しない。特に利用者が多い「iPhone」については、「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」のSIMロック解除が可能になるまでは他キャリアのSIMを利用できず、格安SIMを利用するには、新たに端末を購入する必要があった。

 しかし、2016年3月からiPhone 6sとiPhone 6s PlusのSIMロック解除が可能になり、ソフトバンクでもようやく自分の端末で格安SIMを利用できるようになった。“格安SIM難民”だったソフトバンクユーザーが、ようやく自由になれる日が来たのだ。ソフトバンクが日本で販売しているiPhone 6sは「A1688」というモデルで、ドコモやKDDIのLTE/3Gの主要なバンドをカバーしており、ネットワークの仕様は申し分ない。

iPhone 6s ソフトバンクの「iPhone 6s」でドコモ系格安SIMを使う作戦

 ソフトバンクでは、対象端末を購入して181日(約半年)が経過すれば、SIMロックの解除が可能になる。筆者は2015年9月下旬にiPhone 6sを購入し、181日が経過した3月下旬からは少し時間がたってしまったが、5月にSIMロック解除をした。

 SIMロックの解除は、Webサイト「My SoftBank」かソフトバンクショップで手続きができるが、ショップだと3000円(税別)の手数料がかかるので、無料で行えるMy SoftBankでの手続きをオススメしたい。

My SoftBankで手続きをする

 My SoftBankで解除する場合、まずはSIMロック解除について説明しているソフトバンクのWebサイトにアクセスしよう。ここで「ログインする」をクリックしてログインすると、「SIMロック解除手続き」のページに移る。ここの画面下に「製造番号(IMEI番号)の入力」があるので、この番号を入力しよう。「設定」→「一般」→「情報」→「IMEI」に記載されている、15桁の番号を入力すればよい。

 「次へ」と進み、機種名を確認して間違いなければ、「解除手続きをする」をクリック。これで手続きは完了……だが、SIMロックの解除自体は終了していないので注意したい。

iPhone 6s ソフトバンクのSIMロック解除のページから「My SoftBank」にログインするのが手っ取り早い
iPhone 6s 製造番号(IMEI番号)を入力
iPhone 6s 「解除手続きをする」をクリック
iPhone 6s これで手続きが完了

iPhone 6sに新しいSIMカードを挿す

 「SIMロック解除方法をみる」をクリックすると、「iPhoneのロックを解除して別の通信事業者でも使えるようにする方法」という、AppleのWebページへ切り替わる。ここの「iPhoneのロックを解除する」の「2.」に「通信事業者にロック解除を申請してから、手続きが終わるまでに数日かかる場合があります」と書かれてあって「え、そうなの?」と思ったが、ここでは気にしなくてよい。

 重要なのは、その次に書かれてある「1.お使いのSIMカードを取り出し、新しいSIMカードを挿入します」「2.設定プロセスを完了します」の2ステップ。

iPhone 6s SIMロック解除について説明したAppleのページ

 Androidの場合は端末側でSIMロックを解除する操作が必要になるが、iPhoneの場合、新しいSIMカードを挿入してアクティベートをするだけで、ロックが解除されて新しいSIMで通信が可能になる。上記の2ステップはこの操作を指している。MVNOが提供するSIMカードの場合、あらかじめAPN構成プロファイルをインストールしておく必要があるので、新しいSIMカードを入れる前に作業しておこう。

 筆者は「U-mobile」のSIMカードを新たに使おうと思っていたので、こちらのプロファイルをU-NEXTのWebサイトからインストールした。iPhoneの電源をオフにしたらソフトバンクのSIMカードを抜き、U-mobileのSIMカードを入れて電源をオンにしたら、「アクティベーションが必要です」との表示が出た。この時点でピクトアイコンには「圏外」と表示されていたが、Apple IDを入力してアクティベーションが完了したら、「docomo LTE」の表示に変わった。

iPhone 6siPhone 6s 各MVNOが公開しているAPN構成プロファイルをあらかじめiPhoneにインストールしておく(写真=左)。いざ、SIMを入れ替える(写真=右)
iPhone 6siPhone 6siPhone 6s 最初は圏外の表示だが、Apple IDを入力するとアクティベートが完了し、通信可能になる

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.