ニュース
» 2016年12月13日 10時56分 UPDATE

iOS 10.2、サイレントモード設定時にはスクリーンショットが無音に

iOS 10.2では、スクリーンショットのシャッター音が無音になる。サイレントモードに設定しておけばよい。カメラのシャッター音も小さくなった。

[田中聡,ITmedia]

 12月13日に配信が開始された「iOS 10.2」では、サイレントモード設定時には、スクリーンショットのシャッター音が鳴らなくなった。

 サイレントモードを解除すると、ボリュームキーで設定した音量に応じて、スクリーンショットのシャッター音の大きさも変わる。

 サイレントモードは、側面のスイッチでオン/オフに切り替える。切り替えると、直後に「サイレント」というアイコンが画面に表示される。

iOS 10.2iOS 10.2 サイレントモード設定直後の画面(写真=左)。サイレントモードをオフにすると、ボリュームキーで設定した音量でスクリーンショットの音が鳴る(写真=右)

 これまでのiOSでは、サイレントモード設定時にもシャッター音が鳴る仕様だったため、公共の場では不用意にスクリーンショットを撮りづらかったが、今回の改善で、どこでも気軽にスクリーンショットを記録できるようになった。

 カメラについては、従来通り、サイレントモードの設定にかかわらずシャッター音が鳴るが、これまでよりも音量は下がっており、iPhone 6sと同じ程度になったと感じる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう