ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iOS 10」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iOS 10」に関する情報が集まったページです。

「あの食材まだあったっけ?」を防げるカメラ付き冷蔵庫、日立から 冷蔵室をスマホでいつでも確認可能
日立グローバルライフソリューションズが、カメラ付き冷蔵庫「まんなか冷凍 HXCC タイプ」を発売する。冷蔵室のドアを開けたときに自動で内部の撮影を行い、スマートフォンアプリで撮影した画像を確認できる。(2022/1/27)

Mobile Weekly Top10:
iOS 15の「拡大鏡」、使ってますか?/「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」登場もiOS版でトラブル(解消済み)
(2021/12/31)

iPhoneをルーペ代わりに iOS 15で標準アプリになった「拡大鏡」の使い方
これまで「設定」の「アクセシビリティ」に格納されていたが、iOS 15で標準アプリとなった「拡大鏡」を使ってみる。カメラと似た使用感だが、見たいものを即座に確認したり、色調を補正できたりする点で便利なアプリだ。(2021/12/23)

j5create、4K映像をワイヤレス転送できるHDMIレシーバー
j5createは、ノートPCやスマートフォンなどの映像を無線でミラーリング出力できる「ScreenCast 4K ワイヤレスHDMIドングルレシーバー JVAW76」を発売する。(2021/12/16)

移動でマイルがたまるアプリ「Miles」リリース 徒歩なら10倍に
Miles Japanは、さまざまな移動でマイルがたまるアプリ「Miles」を開始。世界中どこでも1マイルの移動に対して1マイルのポイントがたまり、AIが移動手段を自動判定して徒歩/ランニングは10倍、自転車は5倍のマイルがたまる。(2021/10/20)

EchoやFireデバイスにも対応した約50ドルのドアベル「Blink Video Doorbell」
米AmazonのDevices & Services事業部門が発表会を開き、さまざまなデバイスを投入する。ここでは安価なドアベル「Blink Video Doorbell」を取り上げる。現時点で日本での展開は未定だ。(2021/9/29)

「PUI PUIモルカー」初の公式ゲーム、スマホ向けにリリースへ
「PUI PUIモルカー もぐもぐパーキング」が7月中にリリース。(2021/7/1)

iOS 15は「iPhone 6s」と「初代iPhone SE」も対象、最多6回のバージョンアップ
iOS 15はiOS 14と同様、「iPhone 6s」と初代「iPhone SE」以降のモデルが対応している。両モデルとも、2016年秋配信のiOS 10から2021年秋配信のiOS 15まで、計6回ものOSバージョンアップが可能になる。この「6回」という数字は、iPhone史上最多のバージョンアップ回数となる。(2021/6/8)

ふぉーんなハナシ:
さよなら「LTE」、こんにちは「4G」(楽天モバイル編)
楽天モバイルがiPhoneの正規取り扱いを発表しました。それに伴う「キャリア設定」の配信が4月27日から始まったのですが、その適用は“あるもの”との別れを覚悟しなければいけません……。(2021/4/27)

iPhone 12対応、スタンドにもなるLightningイヤフォンジャック変換アダプター
サンコーは、1月13日にiPhone 12対応「スタンド型ピタッとLightning-イヤホン変換アダプタ」を発売。2段階角度調整できるスタンドのほか、マイクも内蔵している。価格は2980円(税込み)。(2021/1/13)

ポケモンGO、10月にiPhone 5s/6のサポートを終了
Nianticは、9月2日に「Pokemon GO」でAndroid 5、iOS 10、iOS 11を搭載した端末とiPhone 5s、iPhone 6のサポート終了を発表。10月中旬に公開されるアプリバージョン0.189以降、対象端末からはアクセス不可となる。(2020/9/2)

ポケモンGO、10月中旬にiPhone 5s、iPhone 6などサポート終了 Android 5、iOS 10、iOS 11の端末も
ポケモンGOを運営する米Nianticは、10月に実施するアップデートで、Android 5、iOS 10、iOS 11を搭載した端末とiPhone 5s、iPhone 6のサポートを終了すると発表しました。(2020/9/1)

auの「AQUOS K」3機種、9月中旬にLINEアプリの提供終了
KDDIは、9月中旬以降に一部機種の「LINE」アプリサービスを提供終了。LINEが一部のOSバージョンのサポートを終了するためで、トークの閲覧やバックアップを含めた全機能が利用不可となる。(2020/8/26)

iOS 14の対象機種はiPhone 6s以降、初代iPhone SEも生き残る
新OSについて毎年気になるのが対応機種。iPhoneは数年前の古い機種でもOSバージョンアップに対応しており、1つのモデルを長く使えるのが魅力だ。iOS 14ではiOS 13と同じく、iPhone 6s/6s PlusとiPhone SE(第1世代)もサポートする。(2020/6/23)

ドコモ、全国の混み具合がスマホで分かる「混雑度マップ」期間限定で無償提供 新型コロナ予防を支援
NTTドコモがナビゲーションアプリ「地図アプリ」上で、混雑情報を確認できる機能「混雑度マップ」の無償提供を始めた。新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、やむをえず外出するユーザーが混雑を避けられるようにする。(2020/5/13)

ドコモ地図ナビ、特定エリアの「混雑度マップ」を期間限定で無料公開
NTTドコモの「ドコモ地図ナビ」は、混雑状況が分かる「混雑度マップ」を期間限定で無料公開。地図上を長押しすると、特定のエリア内での最短1時間前〜24時間前の推移を見られる。(2020/5/11)

Kyashが「Apple Pay」に対応 iPhone/Apple Watchで決済可能に
ウォレットアプリ「Kyash」が、4月7日に「Apple Pay」へ対応。これよりiPhone/Apple WatchでQUICPay+加盟店での決済が可能となる。(2020/4/7)

AppleのiOS用オフィススイート、Mac版に合わせすべて10.0に
iOS版「Keynote 10.0」「Numbers 10.0」「Pages 10.0」が配布開始された。(2020/4/2)

サムスンの完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds+」、日本で3月12日発売
サムスン電子は、3月12日に完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds+」を発売。本体単体で最大11時間、充電ケースの併用で最大22時間の連続音楽再生が可能となる。2wayダイナミックスピーカーを採用し、ワイヤレス充電も対応する。(2020/2/18)

体当たりッ!スマート家電事始め:
LINEのトークで家電を操る「Clova Bot」、本当に便利?
LINEのトーク機能を使ってAIアシスタント「Clova」とチャットしながら家電を操作できる新サービス「Clova Bot」が1月末に始まった。リモコンアプリやスマートスピーカーより便利なのか。実際に試した。(2020/2/18)

iPhoneがGoogleアカウントのセキュリティキーに Googleが保護機能プログラム更新
これまでセキュリティキーを個別に購入して持ち歩く必要があったが、2019年からはAndroidにセキュリティキーの機能が内蔵された。2020年はiPhoneもセキュリティキーとして利用できる。(2020/1/16)

iPhoneをGoogleアカウントへのログイン認証のセキュリティキーとして利用可能に
GoogleのiPhoneアプリ「Google Smart Lock」がバージョン1.6にアップデートし、iPhoneをGoogleアカウントへの二段階認証ログインのセキュリティキーとして使えるようになった。Android端末は昨年4月から利用できるようになっている。(2020/1/15)

ドコモ、月額500円の「ネットトラブルあんしんサポート」開始 キャッシュレス決済の補償も
NTTドコモは、12月9日に月額500円(税別)の「ネットトラブルあんしんサポート」を提供開始。インターネット上でのトラブル予防に役立つ情報を知らせる他、トラブルに遭った際のサポートやキャッシュレス決済の不正利用への補償をワンストップで行う。(2019/12/10)

マイクラ×AR 「Minecraft Earth」早期アクセス版がリリース
Minecraftの世界を現実世界にARで融合できます。(2019/11/20)

Apple、「iPhone 5ユーザーは11月3日までにiOS 10.3.4にアップデートを」と告知
Appleが、「iPhone 5」などの旧端末のユーザーに、11月3日午前9時までに対応する最新iOSにアップデートするよう告知した。「GPS週数ロールオーバー」問題に対処するため。アップデートしないとApp Store、iCloud、メール、Webブラウザなどが正常に使えなくなる可能性がある。(2019/10/28)

11日午前2時から:
Appleスペシャルイベント視聴方法 今年はYouTube配信も
次期iPhoneの発表がうわさされる米Appleスペシャルイベントをリアルタイムで視聴する方法を紹介。(2019/9/10)

11日午前2時から Appleの発表会をリアルタイムでチェックする方法
日本時間で9月11日午前2時から、Appleがスペシャルイベントを開催する。今回は「iPhone 11」シリーズや「Apple Watch」「Apple TV」などの発表が予想される。発表会の様子をリアルタイムで確認する方法を紹介する。(2019/9/10)

「ドラゴンクエストウォーク」、9月12日に配信 5日から事前登録スタート
スマホ向け位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」が、9月12日に配信される。5日から事前登録を受付中。iOSとAndroidで利用できる。(2019/9/5)

Appleが「iOS 12.1.4」で対処した脆弱性の詳細をGoogleが明らかに iPhoneへの無差別攻撃に長年悪用されていた
Googleの脆弱性調査プロジェクト「Project Zero」が、Appleが2月の「iOS 12.1.4」で対処した脆弱性について説明した。これらの脆弱性を悪用するエクスプロイトは幾つかのWebサイトに仕込まれ、訪問するiOS 10以降搭載のiPhoneを無差別に攻撃していた。(2019/9/1)

みずほ銀のデビット決済「Smart Debit」が「Apple Pay」に対応、20%還元も実施 少額決済ユーザー取り込みへ
みずほ銀行のデビット決済サービス「Smart Debit」が「Apple Pay」に対応。iOS端末向けには「Mizuho Suica」との併用を促進し、少額決済ユーザーの獲得を図る。利用促進に向けた20%還元キャンペーンも実施する。(2019/8/29)

「+メッセージ」のユーザー数が1000万を突破 1000ポイントをプレゼント
3キャリアは、電話番号だけで送受信できるメッセージサービス「+メッセージ」の合計ユーザー数が7月21日に1000万を突破したと発表した。+メッセージはSMSよりもできることや送受信できる文字数が多いことが特徴。1000万ポイントをプレゼントするキャンペーンも実施される。(2019/8/9)

iOSやmacOSのアップデート公開、多数の脆弱性を修正
「iOS 12.4」では、Apple Watchのトランシーバー機能に関するセキュリティ問題を修正。HomePodは日本語に対応した。(2019/7/23)

Yahoo!カーナビ専用リモコンの新モデル SoftBank SELECTIONで発売
SB C&Sは、7月26日以降にSoftBank SELECTIONブランドから無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」専用リモコン「ナビうま ハンドルリモコン Plus for Yahoo!カーナビ」を発売。Bluetooth経由でスマホ・タブレットに接続すれば、画面へ触れずに操作できる。(2019/7/22)

メッセージ読み上げに対応したワイヤレスイヤフォン「Zeeny TWS」発売
ネインは、完全ワイヤレスのヒアラブルイヤフォン「Zeeny TWS」を発売。音楽再生やノイズキャンセリング通話をはじめ、スマホに届いた通知を音声で読み上げる機能を搭載する。アプリ毎に読み上げのオン/オフを設定でき、ミュートフレーズや固有名詞などの設定も行える。(2019/6/26)

家電の遠隔コントロールや自宅の様子を確認できる「UQ × with HOME」6月24日提供開始
UQ mobileが、KDDIが提供するホームIoTサービス「with HOME」と提携。「UQ × with HOME」の提供を開始する。UQ mobileのスマートフォンと「with HOME デバイス」を活用し、遠隔操作での家電コントロール、センサー・ネットワークカメラを介して玄関ドアや宅内の様子などを確認できるようになる。(2019/6/21)

Android端末によるセキュリティキー、iPad/iPhoneでのGoogleアカウントログインもサポート
Googleが、AndroidスマートフォンをGoogleアカウントへのログインの二段階認証でセキュリティキーとして使う機能を、iOSにも対応させた。4月にWindows、Mac、Chromebook向けに提供開始したものだ。iOSの場合は、「Smart Lock for iOS」アプリをインストールして使う。(2019/6/13)

録音した音声を文字起こしするiOSアプリ「Qyur2(キュルキュル)」【訂正あり】
グラブデザインは、iOS向けに提供する無料アプリ「Qyur2(キュルキュル)」に録音した音声データを自動で文字に書き起こす、有償の新機能を追加した。文字データは保存でき、アルクが提供する「キクタン」シリーズも学べる。(2019/6/6)

Minecraftが現実世界にやってくる Microsoft、スマートフォンAR「Minecraft Earth」発表
現実世界に自分の建物を作ることができる。(2019/5/18)

「マインクラフト」のARゲーム「Minecraft Earth」発表
Minecraftの世界を現実世界にARで融合。(2019/5/18)

ボールペンでスマホの通知が受け取れると便利か? 記者がキングジムのスマートボールペンを試した
キングジムが発表したスマートボールペン「インフォ」を実機レビュー(2019/5/16)

プッシュ通知はペンで知る:
キングジムがウェアラブルペン「インフォ」(INF10)を投入 発売は6月14日
5月14日、キングジムがスマートフォンと連携して電話の着信やメール、SNSのプッシュ通知などに対応したウェアラブルペン「インフォ」(INF10)を発表、6月14日から発売する。(2019/5/14)

ホームIoT「au HOME」「with HOME」がスリープテックに進出 ニューロスペース、フランスベッドとコラボ
au(KDDIと沖縄セルラー電話)のホームIoTサービスが、睡眠の質を向上する「スリープテック」に進出。ニューロスペースと協業による睡眠アプリを提供する他、フランスベッドから対応睡眠センサーを内蔵したスマートマットレスが発売される。(2019/3/13)

LINEの「Clova Desk」は3月19日発売で税込2万7540円 家庭のハブとなる画面付きスマートスピーカー
3月12日、LINEが画面付きスマートスピーカー「LINE Desk」を3月19日にLINE公式サイトを通じて発売すると発表、価格は税込2万7540円でホワイトとブラックの2色が用意される。(2019/3/12)

Google、学習用データの匿名化ツール「TensorFlow Privacy」公開 差分プライバシー採用
Google、学習用データの匿名化ツール「TensorFlow Privacy」公開 差分プライバシー採用(2019/3/7)

IoT時代のセキュリティ絶対防衛ライン:
他人の声で自宅を解錠できる? Apple「HomePod」で試してみた スマートスピーカーがIoTの弱点になるか
各業界のIoT関連サービスが抱える問題点、そして有効な対応策とは? セキュリティの専門機関が情勢を伝えます。(2019/2/26)

iPhoneの音声入力で「ハイフン」と5回言うと……
「iPhoneで音声入力を使って”ハイフン”と5回言うと、画面が暗転してホーム画面に戻ってしまう」――カスペルスキーのブログでこんな記事が紹介されている。iPhone 7のメモ帳アプリで試してみたところ……(2019/2/21)

CloseBox:
スクリーンショットのすべて(iPhone、iPad、Apple Watch編)
iOSデバイスでスクリーンショットを撮る方法について解説する。(2019/2/15)

App Town ライフスタイル:
マネーフォワード、クーポン情報アプリ「tock pop」リリース 家計簿データに紐づいたクーポン提供も予定
マネーフォワードがクーポン情報に特化したアプリ「tock pop」を正式リリースした。グルメやレジャーなどさまざまなライフシーンで利用できるクーポンを提供し、将来的には自動家計簿サービス「マネーフォワード ME」のデータに紐づいた最適なクーポンの提供も目指していく。(2018/12/11)

スマホ写真でフォトブック作れる「Myフォト」 ソフトバンクが提供
ソフトバンクが、スマートフォンで撮影した写真からフォトブックを作れるサービス「Myフォト」の提供を始めた。(2018/12/3)

ロック中の「Siri」機能オフなどを推奨
iPhone、iPadのセキュリティ設定を採点、CISベンチマークとは
「iOS」端末のセキュリティはユーザーの使い方に左右される。企業で使用するiOS端末のセキュリティを定める基準として、CISベンチマークを導入すればセキュリティ強化に役立つ。(2018/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。