レビュー
» 2016年12月28日 15時12分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:2016年のスマホカメラ四天王「iPhone 7 Plus」「Xperia XZ」「Galaxy S7 edge」「HUAWEI P9」徹底比較(前編) (1/3)

年末企画ということで、2016年のスマホカメラ四天王の4台を比較してみた。取り上げるのはiPhone 7 Plus、Xperia XZ、Galaxy S7 edge、HUAWEI P9の4機種。前編では人物や背景ボカシを比べた。

[荻窪圭,ITmedia]

 年末企画ということで、2016年のスマホカメラ四天王の4台を比較してみた。どれが最弱かは各人の判断に任せるとして、取り上げたのは、おなじみのiPhone。2016年は「iPhone 7 Plus」。続いてソニーモバイルの「Xperia XZ」、サムスンの「Galaxy S7 edge」。4台目は評価をぐんと上げた「HUAWEI P9」である。HUAWEI P9が食い込んできたのが2016年の見どころだ。

カメラ比較

 まずはこれら4機種の基本性能を大チェックである。基本的にデフォルトの設定を利用しているので、撮影時の細かい調整や特殊機能はあとまわし。デフォルトできれいに撮れるのはどれか対決、と思ってください。

四天王とその基本スペック

 まずざっくりと各機種の基本から。

Apple iPhone 7 Plus

 アウトカメラは、広角カメラが1200万画素でF1.8。28mm相当。望遠カメラは1200万画素でF2.8で56mm相当だが、今回は他とそろえるために広角カメラをメインで使った。iPhone 7のカメラは7 Plusの広角カメラと同じである。

カメラ比較 iPhone 7 Plusのゴールド

 カメラアプリは、タイムラプス、スロー、ビデオ、写真、ポートレート、スクエアと6つの撮影モードを左右のフリックで切り替えて使う。基本は「写真」。特に複雑なマニュアル撮影機能はないが、画面タップでのタッチAFや露出補正、HDR撮影機能、フィルターなどがある。

 カメラアプリのシンプルさを、豊富なサードパーティー製カメラアプリで補っている感じだ。

カメラ比較 カメラアプリの画面。グリッド表示はオンオフ可能。
カメラ比較 ビルの作例

ソニーモバイル Xperia XZ

 アウトカメラは2300万画素でレンズはF2.0。他より画素数は格段に多いが、センサーサイズも普及型コンデジ並みの、他社よりちょっと大きめのものを使っている。

 暗所でのAF速度を上げるためのレーザーセンサーや、ホワイトバランスの精度を上げるためにIRセンサーを搭載。

カメラ比較 Xperia XZ。メインカメラの下に各種センサーとLEDライトがついている

 カメラアプリは、おまかせオートを中心に、Mモード、動画モード、各種アプリとフリックで切り替えて使う。

カメラ比較 カメラアプリ。おまかせオートは細かいシーン判別もしてくれる。タッチAFは可能だが、露出補正など細かい作業はマニュアルモードでしかできない
カメラ比較 ビルの作例

サムスン電子 Galaxy S7 edge

 アウトカメラは1200万画素でF1.7とレンズが明るい。26mm相当とけっこう広角だ。

カメラ比較 ほとんどのスマホは隅っこにレンズがあるが、Galaxyは昔からこの位置。中心に近く、縦位置撮影時の構図を決めやすい

 カメラアプリは機能が豊富でHDRはオート。静止画と動画をモード切り替えなしにさっと撮れるのがいい。

カメラ比較 カメラモードの画面。上部のバーから細かい機能を設定できる。各撮影機能が統合されてて使いやすい。何よりさすがOLEDっていうモニターがいい。モニターが鮮やかなので撮っていて気持ちいい
カメラ比較 ビルの作例

HUAWEI P9

 ライカとの協業でカメラ機能を強化した、2016年にブレークした端末。SIMロックフリー界からの参戦(まあ、今回使ったiPhone 7 PlusもSIMロックフリー版ではあるが)。

 2つ並んだデュアルカメラがウリで、片方がカラー、もう片方がモノクロになっており、両者を合成することで画質を上げているほか、大口径レンズのシミュレーションを行うワイドアパーチャモードも魅力。1200万画素でレンズはF2.2。

カメラ比較 2つ並んだデュアルカメラがポイント。中央にあるのは指紋センサー

 カメラアプリは下から上にフリックすると各種設定が可能になるプロモードに切り替わるほか、ワイドアパーチャモードのオンオフが簡単にできるなど、よくできている。

カメラ比較 カメラアプリの画面。上部の絞りアイコンをタップすると「ワイドアパーチャ」モードに。シャッターボタンの上にあるつまみを上にスライドさせるとパネルが出てきてプロモードになる
カメラ比較 ビルの作例

 さてこの4つの作例。バラバラだと見づらいのでまとめてみた。

 このような青空背景で順光のカメラにとって非常に撮りやすい環境でも色に微妙な違いが出ていることと、レンズの画角の違い(Xperiaが一番画角が広く、iPhone 7 Plusが一番狭い)をチェックすべし。

カメラ比較 左上がiPhone 7 Plus、右上がXperia XZ、左下がGalaxy S7 edge。右下がHUAWEI P9

 もう1つ風景対決。まずは青空。青空がけっこう違うのが分かるかと思う。iPhone 7 Plusはちょっとくすんでいるがリアル。Galaxy S7 edgeとXperia XZは青空が強調されて派手目の画作りなのがポイントだ。

カメラ比較 左上がiPhone 7 Plus、右上がXperia XZ、左下がGalaxy S7 edge。右下がHUAWEI P9

 では中央辺りを拡大してみる。

 画角と画素数の違いで等倍表示したときの表示範囲はちょっと異なっているが、同じ1200万画素で比べるとiPhone 7 PlusよりGalaxy S7 edgeやP9の方がディテールのシャープネスは高い。解像感が高いというよりは、ちょっと強めにシャープネスがかかっていると解釈した方がいいだろう。Xperiaはレンズに対して画素数がちょっと多すぎるかなと。等倍にするとディテールがわさわさしている。

カメラ比較 左上がiPhone 7 Plus。右上がXperia XZ、左下がGalaxy S7 edge、右下がHUAWEI P9
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう