連載
» 2017年03月11日 10時00分 UPDATE

荻窪圭のiPhoneカメラ講座(番外編):カメラの祭典「cp+2017」で見つけたiPhone用撮影グッズ (1/2)

毎年2月、横浜で開かれるカメラと周辺機器のイベント「cp+」。2017年もパシフィコ横浜で開催されたわけですが、iPhone向け撮影グッズが多数あったので、紹介してみようと思う次第です。

[荻窪圭,ITmedia]

 毎年2月後半にパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される「cp+(シーピープラス)」というイベントがある。知らない人は「なにそれ?」と思う名前なのだけれど、大昔は「日本カメラショー」、その後「フォトエキスポ」や「フォトイメージングエキスポ」という名前で行われていたイベントだ、というとわかりやすいかもしれない。いろいろ内部事情があって、2010年以降は「cp+」という名前になったのである。

 ルーツをたどると、1960年開催の「第1回日本カメラショー」にたどり着く。その歴史は古い。要するに、「カメラとその周辺の製品メーカーが一堂に介する一大イベント」であり、全国からカメラ好きや写真好きが集まってくるのだ。

cp+2017の入口 今年(2017年)の「cp+2017」の展示会場の入口(人が少ないのは、一般入場前の時間だから。土日は人出ごったがえす)

 では、このcp+がiPhoneと何の関係あるのか。実はここ数年、写真用品メーカーからiPhone用の撮影アイテムがちょこちょこと登場しているのだ。

 そこで、今回のiPhoneカメラ講座は番外編として、今年(2017年)の「cp+2017」で見つけたiPhone用撮影アイテムを紹介するのである。

TwistGrip(マンフロット)

 イタリアの世界的な写真用品ブランド「マンフロット(Manfrotto)」は、プロカメラマン向けの各種撮影用品や三脚に加えて、イタリアっぽいデザインの一般向けアイテムやバッグも取りそろえている。

 今回、マンフロットブースで注目したのが「TwistGrip」。スマートフォンを三脚につけるための汎用(はんよう)アダプターなのだが、デザインがいい。さすがイタリアという感じだ。

 携帯時はスリムでかさばらない。使用時は上下をくるっと回すと、スマホを挟める形状になるのだ。このとき、内側が少し斜めになってて、スマホがはずれにくくなる。

TwistGrip 手に持っているのが「TwistGrip」。携帯時はフラットになる
上下を回すとスマホを挟める 上下をくるっと回すとスマホを挟める形状に変身

 この手の三脚用スマホアダプターはバネでスマホを抑えるのが一般的だが、このTwistGripはネジ留めするようになっていて、よりしっかりと装着できるのがポイント。しかも、上部にはアクセサリシューがついているのでLEDライトも装着できる。これは便利。

さらに上にLEDライトを取り付け可能 スマホを挟んでネジで固定。アダプター上部にはLEDライトなどを取り付けられる

 iPhoneを三脚や自撮り棒に取り付けるだけのアイテムならいっぱいあるけれど、本職の三脚メーカーが作ったものだから、作りや質感がしっかりしてるのである。

LUME CUBE(ケンコー・トキナー)

 先ほど紹介したTwistGripに付いていたLEDライトは同じくマンフロットの「LUMI LEDライト」だったわけだが、他社のライト取り付けられる。

 カメラの祭典であるcp+だけあって、探せばいろいろなLEDライトが見つかるわけだが、「ケンコー・トキナー(Kenko Tokina)」ブースで「LUME CUBE」というものを見つけた。

 このLUME CUBE、一灯タイプながら1500ルーメンという高輝度で、IP68等級の防塵(じん)・防水性能を持っている。さらに、iPhone(やAndroid端末)からアプリで光量をコントロールできるようになっている。ただし、iPhone自体は水中撮影には対応しておりませんが……。

 小さいので、いざという時には懐中電灯代わりにも使えるのもポイントだ。

LUME CUBEのブース展示 LUME CUBEはキューブスタイルで一灯式。防塵・防水対応で水中撮影にも使えるし、ドローンマウントを使えばドローンにも取り付け可能
とにかく明るい1500ルーメン 先述の通り一灯式ながら1500ルーメンと超明るい光を放つ。本当にまぶしいです

Mobile-Catch King-of-kings(Mobile-Catch/ベルボン)

 スマホ用三脚アダプターに装着したiPhoneを、どのような三脚につけるかは悩みどころでもある。iPhoneに適したシンプルで小さな三脚といえば、マンフロットのPIXIシリーズや「JOBY(ジョビー)」のゴリラポッドなどなど、昔からいっぱい出ているが、今回のcp+2017では、日本の老舗三脚メーカー「ベルボン(Velbon)」のブースで面白いものを見つけた。

 その名も「Mobile-Catch King-of-kings」。台湾のカメラ用品メーカー「Mobile-Catch(モバイルキャッチ)」が製造し、ベルボンが日本代理店として販売するカメラ・スマホ用三脚だ。

 普通の三脚なら平らなところに立てるところ、このMobile-Catchは「挟んで固定」することもできることがミソなのです。

Mobile-Catch King-of-king Mobile-Catch King-of-king。ベルボンが日本国内での販売を担当する。カラフルで軽いのがいい

 テーブル用三脚としてだけではなく、その辺の柱でもテーブルの端でも何にでも挟んで固定できるし、とにかくコンパクトなのもいい。

 何かに挟んで使う場合は、下の写真のように好きなところに挟める。ちなみに、私物のiPhoneをはさませてもらいました。

展示台の端に挟む 展示台の端にはさんでみた。見た目も可愛くていろいろな所に挟めるので1つバッグに入れておきたくなる

 面白そうでしょ? 手すりに挟んだり、テーブルの端に挟んだり、木の枝に挟んだりすするのはもちろん、その辺に転がっている鉄パイプに挟めば「簡易自撮り棒」にもなる(鉄パイプがその辺に転がってるかどうかはアレだが……)。挟んだ後にネジ留めできるので、ブラつきもある程度防ぐことができる。

 なお、この製品には三脚本体のほかにスマホホルダーも付属する。これ、下手な三脚より便利だと思う。ちょいと使ってみたい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう