ニュース
» 2017年04月27日 22時30分 UPDATE

6つの「宣言」でさらなる成長を――ドコモが見据える「2020年」の先 (1/2)

NTTドコモが新たな中期戦略を策定した。「2020年」の先を見越して、さらなる企業価値の向上を目指す。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは4月27日、2016年度(2017年3月期)の通期決算発表に合わせて、「中期戦略2020『beyond宣言』」を公表した。

 ユーザーと協業パートナー双方に新しい価値を提供すべく、規格策定作業が本格化しつつある「5G(第5世代移動体通信)」を活用した、2020年より先を見据えた新サービスの提供・開発に取り組む。

中期戦略策定に当たってのメッセージ 「中期戦略2020『beyond宣言』」策定に当たってのメッセージ
beyond宣言を説明するNTTドコモの吉澤和弘社長 beyond宣言を説明するNTTドコモの吉澤和弘社長

ユーザーへの宣言

 beyond宣言は大きく6つの宣言から構成されている。うち3つは、ドコモユーザーに対するもので、「期待を超えることで、お客さまの驚きや感動を与える」(吉澤和弘社長)ことを目的としている。

マーケットリーダー宣言:「お得と便利」を可視化する

 「マーケットリーダー宣言」は、サービス、料金プラン、ポイントプログラムの3点における改善の取り組みを継続し、有機的に連携させることで「お得と便利が見えるマーケットリーダーを目指す」(吉澤社長)という宣言。

 その第1弾の取り組みは、以下の3点だ。

  • 「シンプルプラン」「ウルトラシェアパック30」の提供(参考記事
  • 「ドコモポイント」から「dポイント」への自動移行
  • dポイントによる携帯電話料金の支払い条件の緩和

 dポイントについては、2020年度までにパートナー(加盟企業)を300社以上、ポイント発行額を日本最大級にすることを目指すという。

マーケットリーダー宣言 「マーケットリーダー宣言」では「サービス」「料金」「ポイント」の3点の改善と相互連携で、「お得・便利を先導するマーケットリーダー」を目指す
第1弾の取り組み 「マーケットリーダー宣言」第1弾の取り組み
dポイント dポイントは、提携企業を増やして利便性を高めることを目指す

スタイル革新宣言:5Gを生かしてライフスタイルを返る

 「スタイル革新宣言」は、5Gの特性を駆使して「体感」「ライフスタイル」「ワークスタイル」の革新を実現するという宣言だ。全社プロジェクトとして「empower+d challenge(エンパワードチャレンジ)」を立ち上げて推進するという。

 体感面では、AR・VRやスポーツの「新エンタメ体験」、自動車の自動運転を始めとする「次世代モビリティ」、民泊などの「シェアリング」の3点に重点を置き、「ワクワクする新体験を実現する」(吉澤社長)ことを目指す。

 ライフスタイル面では、しゃべってコンシェルをさらに発展させた「AIエージェント」、AIを活用した金融「Fintech」、IoT機器を使って健康管理を行う「トータルヘルスケア」の3点に重点を置き、「イライラしない新しいライフスタイルの提供」を目指す。

 ワークスタイル面では、「ドローンロボティクス」「ワークイノベーション」「ワークマッチング」の3点をキーワードに新しい働き方を提案していく。

empower+d challenge 全社プロジェクト「empower+d challenge」を立ち上げ、スタイル革新を推進
9つのチャレンジ 3つの分野において、9つの重点チャレンジを設定して革新に挑む

安心快適サポート宣言:AIを活用したオムニチャネルサポートを目指す

 「安心快適サポート宣言」は、ユーザーとのさまざまな接点においてAIを活用してサポートの品質を向上するという宣言だ。

 まず、サポートの入口として、手持ちのスマートフォン・タブレットで簡単な困りごとを解決できる仕組みを導入する。その上で、スマホやタブレットで解決できない事案については、インフォメーションセンター(電話窓口)やドコモショップへの相談など、状況に応じて最適な案内をできるようにするという。

 さらに、店頭のセルフ受付端末や窓口・店頭での応対でもAIを活用し連携させることで、ユーザーに対する「オムニチャネルサポート」の実現を目指す。

オムニチャネルサポート AIを活用したオムニチャネルサポート実現を目指す

関連キーワード

NTTドコモ | ビジネス | 中期計画


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう