連載
» 2017年05月20日 06時00分 UPDATE

iPhone Tips:iPhoneのデータをバックアップするには?

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「iPhoneのバックアップの取り方」です。

 iPhoneのバックアップは取っていますか? 何かトラブルが起こったときでも、バックアップを行っておけば写真やその他のデータを復活させることができます。また、iPhoneのバックアップの方法はiCloudに保管する方法と、PC内のiTunesにアクセスして保管する方法の2種類があります。それぞれのメリットや注意点、バックアップの方法を確認しておきましょう。

iCloudを使ってバックアップする

  • Wi-Fi環境ならどこでもバックアップができて手軽
  • 最大2TBのデータを保管できるが、5GBまでは無料でそれ以上は有料になる
  • バックアップするデータは常時暗号化され、セキュリティ面で安心

iTunesを使ってバックアップする

  • バックアップするにはケーブルとPCを使う
  • PCにiTunesが入っていない人はAppleのサイトからダウンロードが必要
  • PC内のiTunesを利用してバックアップするので、データを保管できる容量はPCの空き容量による
  • バックアップするデータは暗号化できるが、手動で選択が必要。暗号化せずにバックアップできる場合もある

 iCloudとiTuneでは使い勝手が違います。iCloud なら、iPhoneとWi-Fi環境があれば手軽にどこでもバックアップが取れますが、データ保管容量に上限があります。iTunesはPCやケーブルなどの準備が必要になりますが、データ保管容量には余裕がある(※個人所有のPCによります)のが大きな違いといえます。

 続いて、iCloudとiTunesそれぞれのバックアップ方法を紹介していきます(iOS 10.3.1で検証)。

iCloudでバックアップする方法

1:iPhoneをWi-Fiに接続する。

2:「設定」から「ユーザー名」を選択し、「iCloud」をタップします。

3:ページの真ん中ほどに「iCloudバックアップ」という項目があるので選択し、「今すぐバックアップを作成」をタップするだけです。

 iCloudの使用可能容量は「iCloud」の項目の一番上に表示されています。

 バックアップがきちんとできていれば、前回のバックアップされた時間が表示されます。

iTunesでバックアップする方法

1:PCのiTunesを開き、iPhoneをケーブルでつなぎます。

2:パスワードの入力を求められるので入力します(初回の使用にはパスワードの設定が必要)。

3:iTunesの左端にiPhoneが表示されたら、その項目を選択。

4:「概要」→「バックアップ」の項目に「手動でバックアップ」という文字があるので、「今すぐバックアップ」のボタンをクリックすればバックアップが行えます。

5:バックアップが正常にできたかどうかを確認するには、iTunesの「編集」から「設定」→「デバイス」を選びましょう。ここにバックアップが作成された日付が出ます。iPhoneの名前の横にあるカギのアイコンは、暗号化でバックアップされた際に表示されるものです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.