連載
» 2017年05月21日 06時00分 UPDATE

懐かしのケータイギャラリー:カスタムジャケットで着せ替えを楽しめる パナモバの新FOMA「P900i」

[ITmedia]

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P900i」です。

 P900iは、ドコモが2004年2月から投入したFOMAの新シリーズ「900i」の1モデル。

 何と言っても注目は、背面の着せ替えが楽しめる「カスタムジャケット」です。製品に取り付けられているカバーのビス部分を、付属するドライバーで外せば取り換えられます。多数のカバーが用意されているスマートフォンでは「着せ替え」は当たり前ですが、当時のケータイでは珍しく、大きな個性を発揮していました。このカスタムジャケットは、後継機の「P901i」以降のモデルにも継承されました。

P900i 「P900i」
P900i 背面の「カスタムジャケット」

 現在のフィーチャーフォンでもおなじみの「ワンプッシュオープン」を搭載し、側面のボタンから簡単に本体を開閉できます。着信するとヒンジ部脇に装備されたボタンが光り、押すと端末が開いてそのまま通話ができます。

 iアプリは500KBにまで拡張され、「ファイナルファンタジー1」の完全移植版がプリインストールされたことも注目を集めました。

P900i
P900i

「P900i」の主な仕様

  • 発売日:2004年2月29日(関東甲信越・東海・関西・九州・中国エリア)
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:パナソニック モバイルコミュニケーションズ
  • サイズ:約50(幅)×104(高さ)×24(奥行き)mm
  • 重量:約124g
  • メインディスプレイ:約2.4型(240×320ピクセル)TFT液晶
  • サブディスプレイ:1インチ4096色STN液晶
  • アウトカメラ:有効約128万画素CCD
  • インカメラ:有効約11万画素CMOS
  • ボディーカラー:ブラック×クリアホワイト、シルバー×ストライプレッド、シルバー×ドットブラック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう