ニュース
» 2017年08月18日 10時20分 UPDATE

新「ZenFone 4」シリーズ全機種にデュアルカメラを搭載した理由

ASUSがZenFone 4シリーズの新機種を発表した。どのモデルも表面か背面に「デュアルカメラ」を搭載しているのが特徴。同シリーズでは何が変わったのだろうか?

[太田百合子,ITmedia]

 ASUSは台北市内で製品発表会「WE LOVE PHOTO」を開催。スマートフォン「ZenFone」シリーズの最新モデル「ZenFone 4」と上位モデルの「ZenFone 4 Pro」、セルフィー機能を充実させた「Zenfon 4 Selfie」とその上位モデルの「ZenFone 4 Selfie Pro」を含む、「Zenfon 4」ファミリーの新製品を発表した。

 同社のジョニー・シー会長はイベントの冒頭、「プロカメラマンはなぜ複数のレンズを持っているのか」と問いかけ、「ZenFone 4」ファミリーの全ラインアップに、デュアルカメラを搭載したことを明らかにした。つまりZenFone 4シリーズなら、よりプロフェッショナルな写真を撮影できるようになるわけだ。「スマートフォンカメラの限界を超えた」とシー氏は自信を見せた。

ZenFone 4 「ZenFone 4」ファミリーは全機種にデュアルカメラを搭載したことを説明する、ASUSのジョニー・シー会長

 ZenFone 4とZenFone 4 Proはアウトカメラがそれぞれ2つ、Zenfon 4 SelfieとZenFone 4 Selfie Proにはセルフィー用のインカメラが2つずつ搭載されているほか、大容量バッテリーが特長の「Zenfon 4 Max」と「Zenfon 4 Max Pro」にも、2つのアウトカメラが搭載されている。

 フラグシップとなるZenFone 4のデュアルカメラは、1200万画素のメインカメラと、120度の広角レンズを採用した800万画素ワイドカメラという構成。両方のカメラをワンタプで切り替えられるほか、ソニーセンサーを採用したメインカメラは、デュアルピクセルAFにも対応。ディスプレイには5.5型のフルHD Super IPS+液晶を搭載する。

 最上位モデルのZenFone 4 Proは、ZenFone 4と同サイズの5.5型ながら、フルHDのAMOLEDディスプレイを搭載。デュアルカメラは1200万画素で焦点距離25mmのメインカメラと、1600万画素で焦点距離50mmの望遠カメラという構成で、標準+ワイドではなく、光学2倍相当の望遠撮影に対応している。また、どちらのカメラにもソニー製センサーを採用。メインカメラはこちらも、デュアルピクセルAF対応となっている。

 ZenFone 4 SelfieとZenFone 4 Selfie Proは、いずれもメインのセルフィーカメラに加えて120度のワイドカメラを搭載し、これを切り替えることで、ASUSが「Wefie」と呼ぶグループでのセルフィー撮影を実現。ZenFone 4 Selfie Proは、メインのセルフィーカメラに24メガピクセル(デュアルピクセル仕様のため、有効画素数としては1200万画素相当とのこと)のソニー製のセンサーを採用。F値1.8の明るいレンズでセルフィーが撮影できるほか、4Kのセルフィー動画も撮影できる。

 ディスプレイサイズはどちらも5.5型で、ZenFone 4 SelfieがHD画質のIPS液晶、ZenFone 4 Selfie ProがフルHDのAMOLEDディスプレイを採用。この他、ステージ上ではほとんど触れられなかったが、会場のタッチ&トライコーナーには、発表済みのZenFone 4 Maxの上位モデルとなるZenFone 4 Max Proも展示されていた。5000mAhの大容量バッテリーが人気の長時間モデルだが、アウトカメラが1600万画素、500万画素のデュアルカメラ仕様となっている。

 スマートフォンのカメラは、どうしても光を取り込むレンズやセンサーの大きさに限界があるが、ASUSは光を増強しつつノイズを抑えられる独自の「SuperPixel Engine」によって「この問題を克服した」とシー会長。ユーザーの多様なーズに応えるため、ZenFone 4、ZenFone 4 Selfie、ZenFone 4 Maxという3タイプを設け、さらにそれぞれに「Proバージョンも用意した」とラインアップの拡充について説明した。

ZenFone 4 「ZenFone 4」ファミリーは、3シリーズ全6機種を展開

 販売価格はZenfon 4 Proが599米ドル〜、ZenFone 4が399米ドル〜、ZenFone 4 Selfie Proが375米ドル〜、Zenfon 4 Selfieが279米ドル〜。販売対象国などはまだ明らかにされておらず、日本での発売については未定。

 ASUSデザインディレクターのジェン・チャン氏は、ZenFone 4 SelfieとZenFone 4 Selfie Proについて解説。背景をぼかすポートレートモードや、同社が得意とするビューティーモードなど、SNS等で映えるセルフィー機能について紹介した。

ZenFone 4 ビューティーモードの説明

 ASUSまた同社インターナショナルコンテントマーケティング部門のマルセル・キャンパス氏は、より削ぎ落とされシンプルになった「Zen UI」や、ZenFone 4シリーズの「Android O」へのアップデート補償について言及。また自らの家族写真を題材に、ZenFone 4のワイドレンズ、ZenFone 4 Proの望遠レンズの活用例を紹介した。

ZenFone 4 望遠レンズの作例

 この他、イベントの後半にはアジアパシフィック地域の「WE LOVE PHOTO」キャンペーンでアンバサダーを務める、韓流スターのコン・ユさんをゲストに迎えたトークショーも開催。イベントに参加した一般ユーザーから黄色い声援を受けるなど、会場を盛り上げていた。

ZenFone 4 コン・ユさん(左)とシー氏

関連キーワード

ZenFone | デュアルカメラ | ASUS | Android O | 韓流 | 台湾


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう